西鉄バスジャック事件の犯人役の俳優は誰?経歴プロフィールも!

 

こんにちは、Ruiです!

 

2018年5月3日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』では、今から18年前に起きた事件『西鉄バスジャック事件』が特集されます。

 

この前代未聞のバスジャック事件を実際の報道映像を交えながら、当時の捜査官や被害者へのインタビューを元にドラマで再現し、主演には女優の松下由樹さんの他、豪華キャストでお届けるするとのことです。

 

ところで、当時17歳少年の犯人には、どの俳優さんが担当するんですかね。

 

そこで今回は、『西鉄バスジャック事件の犯人役の俳優は誰?経歴プロフィールも!』と題して、17歳少年の犯人役を務める俳優さんは誰なのか、そしてその俳優さんのプロフィールや経歴についてまとめていきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

 

『西鉄バスジャック事件』とは?

 

まずは、『西鉄バスジャック事件』とは一体どういう事件だったのか簡単に見ていきたいと思います。

 

西鉄バスジャックは、今から18年前の2000年5月3日に、当時17歳の少年が起こしたバスジャック事件です。

 

5月3日の午後12時56分頃、西鉄天神バスセンター(福岡県福岡市中央区)行きの西日本鉄道の高速バス『わかくす号』が、佐賀第二合同庁舎(佐賀県佐賀市)を出発。

 

ところが、出発から約40分後の13時35分頃、九州自動車道の太宰府インターチェンジ付近で刃渡り約40センチの牛刀を持った少年が運転手に牛刀を突きつけ、そして乗客に対して『天神には行くな、このバスを乗っ取ります。」と突然言ったそうです。

 

そして、犯人となる少年が『おまえたちの行き先は天神じゃない。地獄だ。』と言いながらそのままバスを乗っ取り、ここから事件が発生。

 

バスジャックした犯人は、西鉄天神バスセンターに行かずに九州自動車道をしばらく走行するように運転手を脅し、乗客に対しては様々な指示を繰り返した後、最終的にはカーテンを閉めるように指示したとのことです。

 

その後、犯人は山口県の山陽自動車道に達するまでに乗客3人を切りつけ、2人が負傷し女性1人が亡くなってしまいました。

 

日本のバスジャック事件において人質が亡くなるというのは、西鉄バスジャック事件が初めてだったようです。

 

警察に通報が入ったのは、14時47分頃。

 

犯人から逃げたら危害を加えると脅され、そのまま逃走した女性による通報でした。

 

15時09分頃に緊急配備し、15時35分頃に警察車両がバスを発見し追尾します。

 

その後、人質となっていた数名の方が解放され、そして事件発生から15時間半後の5月4日の午前5時過ぎに、小谷サービスエリアで停車中に警察官による説得中に『手袋を路面に落とす』という突入の合図を受けた15名の隊員の突入により、ようやく犯人が逮捕されました。

 

事件後、逮捕された当時17歳少年の犯人は、2000年6月5日に広島地検が『刑事処分が相当』と佐賀家裁に送致。

 

同年の9月29日に、佐賀家裁は犯人に対して5年以上の医療少年院送致を決定しました。

 

2007年1月に23歳で医療少年院から仮退院し、3ヶ月の保護観察処分を経て、現在は社会復帰をしているとのことです。

 

 

『西鉄バスジャック事件』の犯人役の俳優は誰?経歴プロフィールも!

 


画像引用元:https://twitter.com

 

5月3日放送の『直撃!シンソウ坂上』で、西鉄バスジャック事件の真相をドラマ化してお届けるとのこと。

 

西鉄バスジャック事件の再現ドラマでは、松下由樹さんが主演を務めるというのは分かっているのですが、当時17歳少年の犯人役を務める俳優さんは誰なのか現時点では分かっていません。

 

そこで、SNSなどで色々と調査してみると、ツイッターで犯人役を務める俳優さんの名前が分かった方がツイートしているのを発見しました。

 

どうやら、犯人役を務める俳優さんというのは『今井悠貴』さんのようですね!

 

 

実際に、画像で比較してみると・・・

画像引用元:
https://twitter.com
http://ogipro.com/talent/imai/

 

メガネで少し印象が変わっているようにも思いますが、犯人役を務めるのは今井悠貴さんで間違いなさそうです。

 

 

今井悠貴の経歴プロフィール

 

今井悠貴さんのプロフィールと経歴についてまとめていきたいと思います。

 


画像引用元:http://ogipro.com/talent/imai/

名前:今井悠貴(いまい ゆうき)
生年月日:1998年12月30日
年齢:19歳(2018年5月現在)
血液型:A型
特技:ダンス、料理、スノーボード
事務所:プロダクション尾木

 

今井悠貴が3歳の時に、テレビに出たいと母親に言ったところ劇団に連れて行ってもらい、そのことがきっかけで子役の仕事を始めるようになりました。

 

そんな小さいときから自分で仕事を決めるなんて凄いことですよね!

 

また、CORICORIというメンバー『ゆうキング』で、まりもっこりのテーマソングを歌っていたそうです。

 

2009年まで『セントラルグループ・セントラル』の子供タレントに所属していましたが、2010年からは現在も所属している『プロダクション尾木』に移籍しました。

 

ちなみに、プロダクション尾木では、女優の仲間由紀恵さん、元AKB48の小嶋陽菜さん、高橋みなみさんらが所属されているようです。

 

今井悠貴さんと言えば、子役時代から数多くの大人気ドラマに出演していますよね。

 

デビュー作は、2003年の堂本剛さん主演のドラマ『元カレ』の第3話に出演し、その時は名前もない男の子を演じていました。

 

2005年には、仲間由紀恵さん主演の人気ドラマ『ごくせん』の第1話に出演。

 

そして2007年8月に、千の風になってスペシャル『はだしのゲン』のゲンの弟役の進次を演じて話題になりました。

 

2008年には、山下智久さん主演の人気ドラマ『コード・ブルー』の第9話~11話まで出演。

 

2010年、『医龍-Team Medical Dragon-3』の第5話~8話と10話に真鍋徹の役で出演した時には、心臓移植を待つ少年という難しい役を演じ切りました。

 

2014年10月の放送された大河ドラマ『軍師官兵衛』で黒田官兵衛の息子役『黒田熊之助』役を演じます。

 

その後も数多くのドラマに出演している今井悠貴さんは、現在期待されている俳優の1人として注目されています。

 

 

まとめ

 

今回は、『西鉄バスジャック事件の犯人役の俳優は誰?経歴プロフィールも!』と題して、17歳少年の犯人を務める俳優さんは誰なのか、そして今井悠貴さんのプロフィールと経歴についてまとめて紹介させて頂きました。

 

今井悠貴さんの演技力は評判が高いとうことで、今回の西鉄バスジャック事件の犯人役の演技に期待ができるので注目して見たいと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。

 

【関連記事】

西鉄バスジャック事件の犯人の名前・顔画像は?今現在は出所してる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。