女優

高畑充希は社長令嬢の女優だった?学歴や偏差値はどうなの?

更新日:

 

こんにちは、Ruiです!

 

演技力と歌唱力の評価が高く、今大活躍している女優の高畑充希さん。

 

高畑充希さんは超お金持ちの社長令嬢として育ち、しかも超優秀な頭脳の持ち主だということを知っていましたか?

 

そこで今回は、社長令嬢として育った高畑充希さんの実家のことや、中学・高校・大学までの凄い学歴まで迫ってみました!

 

題して、『高畑充希は社長令嬢の女優だった?学歴や偏差値はどうなの?』

 

それでは、早速本題へ入っていきましょう!

 

 

高畑充希のプロフィール

 

本名:高畑充希(たかはた みつき)
生年月日:1991年12月14日
年齢:26歳
出身地:大阪府東大阪市
身長:158cm
血液型:AB型
所属:ホリプロ
趣味:読書、舞台観劇、食べること

 

小学生の頃から舞台女優を目指していた高畑充希さんは2005年にホリプロのオーディションに合格したことをきっかけに芸能界入りをしました。

 

2007年から2012年までの5年間、ミュージカル『ピーターパン』で8代目のピーターパンを務めていました。

 

ピーターパンを始めた同じ年には、『ドルフィンブルーフジ、もういちど宙へ』という映画に初出演。

 

その後には、『3年B組金八先生』や『問題のあるレストラン』などのドラマにも多数出演しています。

 

そして2016年に放送されたNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロインを務め、そこで一気に大ブレイク!

 

演技力に加え歌唱力も抜群の高畑充希さんは、『みつき』という名義で2007年から2008年まで歌手としても活動していました。

 

 

高畑充希は社長令嬢だった?

 

大阪府東大阪氏にある実家で、父母と祖父母、高畑充希さんの5人家族で育ちました。

 

高畑充希さんに兄弟はいなく、一人っ子です。

 

そして織田裕二さんに似ているというイケメンの父親は、椅子や自動車に使用されるスプリングや弾性材の製造販売の会社を経営されています。

 

起業したのは高畑充希さんの祖父で、2015年には年商12億円を叩き出し、地元ではかなり有名なお金持ちだそうですよ!

 

実家は7階建てのマンションの最上階に住んでいるらしく、その建物と土地は全て高畑家のものとか!!

 

本当に高畑充希さんは社長令嬢だったわけですね!

 

 

高畑充希の学歴と偏差値について

 

社長令嬢として裕福な実家で生まれ育った高畑充希さんは、幼稚園の頃から塾に通っていたそうです。

 

小学生に上がると、ピアノや声楽、習字といった習い事を施し、中学生に上がる時には中高一貫の超名門校を受験します。

 

見事受験に合格した高畑充希さんは、関西きっての進学校でその偏差値はなんと70超えの『四天王寺学園』に進学しました。

 

大阪にある女子高で、トップの進学校として有名な学校です。

 

しかし、中学在学中にホリプロのオーディションに合格した彼女は、舞台女優の夢を叶えるために東京の学校へと転校することに。

 

高校卒業後は法政大学に進学しています。

 

ここまで順風満帆にも思いますが、実は、小学生から中学生までの間に舞台や芸能事務所のオーディションを十数回も受けて全て落選していたそうです。

 

それでも諦めずにオーディションを受け続けホリプロに入り、今では女優として大活躍している高畑充希さんは相当な努力家なんでしょうね!

 

 

まとめ

 

今回は、『高畑充希は社長令嬢の女優だった?学歴や偏差値はどうなの?』について紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

高畑充希さんが社長令嬢だったというのは本当の話でしたね!

 

それに偏差値70超えの超名門校に進学してたのも驚きましたし、凄い学歴だったという事も分かりました。

 

しかし、小学生の頃から舞台女優になるのが夢だった彼女は決して勉強が好きではなくむしろ嫌いだったそうですが、その当時から明確な目標をもって努力してきたからこそ、なりたかった女優の夢を叶え今も磨き上げているのでしょう!

 

これから更なる飛躍を期待して高畑充希さんを応援していきたいと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。

-女優

Copyright© Ruiブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.