安東弘樹アナ年収が原因でフリー転身?キューブへ所属を決めた理由も

こんにちは、Ruiです!

 

『アンディ』の愛称で幅広い年齢層から人気を集め、TBSの看板アナウンサーとして活躍する安東弘樹アナ。

 

現在50歳の安東弘樹アナは、アナウンス部の部次長として部をまとめており、自身の番組出演はもちろんのこと、後輩の指導やスケジュール管理などの業務をこなしていました。

 

しかし、安東弘樹アナは2018年3月末でTBSを退社し、4月以降からはフリーアナウンサーへ転身することが判明!

 

一般的にフリーとして活動するためには、芸能プロダクションに所属するのだが、安東弘樹アナが所属を決めたのは、多くの人気アーティストや俳優、女優を抱える『キューブ』でした!

 

そこで今回は、安東弘樹アナのフリー転身をする理由や事務所をキューブに所属することになったきっかけなどを紹介したいと思います!

 

題して、『安東弘樹アナ年収が原因でフリー転身?キューブへ所属を決めた理由も』

 

それでは、早速本題へ入っていきましょう!

 

 

安東弘樹アナのプロフィール

 

名前:安東弘樹(あんどう ひろき)
愛称:アンディ
生年月日:1967年10月8日
出身地:神奈川県横浜市
出身校:成城大学法学部
趣味:自動車、スキー

 

 

安東弘樹アナが『キューブ』へ所属する理由とは?

 

現在、キューブに所属している主なタレントは、俳優の吉田新太さんや藤木直人さん、女優は奥村佳恵さん、人気音楽グループのいきものがかりなどが所属しています!

 

そのようなタレントさんが所属するキューブに安東弘樹アナも入るようですが、実はフリーアナウンサーのマネジメントは初めてなんだそうです!

 

つまり、手探りでスタートするわけですが、一体なぜ安東弘樹アナはキューブに所属することを決めたのでしょうか?

 

その理由は、以前に安東弘樹アナとキューブに所属する俳優の古田新太さんが一緒にラジオ番組をやっていて交流があり、またキューブがいきものがかりをお披露目した『設立7周年パーティー』の司会を務めていたことがありました。

 

そして10周年、20周年のパーティーでも安東弘樹アナは司会を担当し、そこでキューブの雰囲気を肌で感じたんだそうです!

 

そのことがきっかけでキューブに相談し、3月末でTBSを退社を決め、4月以降からはキューブに所属することを決めた理由とのことです!

 

安東弘樹アナは以前からキューブの設立記念パーティーの司会を何度か担当して、それで事務所の雰囲気を気に入って決めたんですね!

 

キューブは、フリーアナウンサーのマネジメントは初めてのようですが、長いキャリアを積んできた安東弘樹アナの実績は十分だと思いまうし、情報番組からバラエティー番組の司会進行を得意とします。

 

また安東弘樹アナは大の車好きと知られ、『日本カー・オブ・ザ・イヤー』の選考委員会も務めているので、フリー転身後はこうした強みを生かした仕事も積極的に取り組むことを考えているようです!

 

フリー転身後は、これまでのアナウンサーという枠にとらわれずに安東弘樹アナは活躍の場をどんどん広げていきことが期待されますね!

 

 

安東弘樹アナ年収が原因でフリー転身?

 

なぜ今回、安東弘樹アナ20年以上も所属してきたTBSを退社することを決め、フリーに転身することを決めたんですかね?

 

退社してまでフリーに転身したかった理由や原因があったのでしょうか?

 

よくフリーに転身すると年収は一気に何倍も膨れ上がるとも聞きますが、それで今のTBSの年収に不満を感じ、原因となって退社することに決めたとか?

 

気になったので、TBSアナウンサーの平均年収がどのくらいなのか調査してみました!

 

すると、TBSの平均年収は1473万円とのこと!

 

だいたいアナウンサーだとそのぐらいと言われていますが、一般的なサラリーマンよりははるかに上回る年収ですよね!

 

現在、安東弘樹アナがどのくらいの年収なのかはわかりませんが、公表しているTBSの平均年収から予測すると2,000万円くらいだと思われます!

 

であれば、生活する上で全くこの年収で問題ないはずですよね!

 

因みにフリーに転身するとどのくらいの年収になるのかというと、ベテランの場合だと1億円以上も稼いだりするらしいですよ!

 

安東弘樹アナもベテランアナウンサーなので、もし現在の年収が2,000万円だとすれば、単純に5倍以上の年収になるというわけです!

 

お金のことを考えると、フリーアナウンサーの方がいいと思いますよね!

 

しかし、安東弘樹アナは現在の年収が少ないとかの不満が原因でフリーに転身するのではなく、他にもっと明確な理由がありました!

 

関係者によると、安東弘樹アナは50歳の節目を迎え、このままTBSで会社を務めあげるのか、現場にこだわるのかで悩んでいたとのこと。

 

それで、中途半端だけでは避けたいという思いが芽生え、悩んだ末に出した結果がフリーアナウンサーへの転身だったんだそうです!

 

なので、年収による不満が原因とかではないようです!

 

安東弘樹アナは周囲に『もっと視野を広げたい!』と話していたということなので、こういったことが理由でフリー転身を決めたみたいですね!

 

 

まとめ

 

今回は、『安東弘樹アナ年収が原因でフリー転身?キューブへ所属を決めた理由も』について、まとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

今までTBSの看板アナウンサーとして先頭に立っていた安東弘樹アナですので、会社側としては退社することになって残念に感じたかもしれません。

 

しかし、安東弘樹アナがフリー転身したかった理由は明確なものだったので、4月以降はこれまでと違った安東アナが見れることを信じて期待したいと思います!

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。