こんにちは、Ruiです!

 

2月5日(月)に放送されるTBS医療バラエティー番組『名医のTHE太鼓判!』に、元テレビ朝日アナウンサーで現在フリーアナウンサーとして活躍する南美希子アナが出演されます。

 

今回のテーマは、『人生を変える正しい睡眠スペシャル』となっており、芸能人の睡眠事情に調査するというもの。

 

そこで番組が南美希子アナを密着し、診断した結果『痩せ型睡眠時無呼吸』と診断されました。

 

『睡眠時無呼吸』って一般的に肥満な人がなるようなイメージが強いと思いますが、南美希子アナの場合は肥満ではなく、むしろ痩せ型の体系ですよね。

 

肥満の人がなりやすい『睡眠時無呼吸』に、なぜ南美希子アナがなってしまったのでしょうか?

 

今回はそのような内容をテーマに紹介したいと思います!

 

題して、『南美希子が睡眠時無呼吸になった原因は?肥満は関係なかった!』

 

肥満じゃないあなたも既に『睡眠時無呼吸』を発症しているかもしれないので、気になる方はちょっと覗いてみて下さい!

 

きっと参考になるはず!

 

それでは、早速本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

南美希子のプロフィール

 

本名:堀池美希子(旧姓 南)
生年月日:1956年2月26日
出身地:東京都北区
所属:MJ Management

 

 

南美希子が睡眠時無呼吸になった原因は?

 

肥満な体型の人に多いと言われている『睡眠時無呼吸』。

 

なぜ、スマートな体型をした南美希子アナが『睡眠時無呼吸』を発症させてしまったのでしょうか?

 

その原因の1つは、『就寝前のスマホ』なんだそうです!

 

僕もなんですが、寝る前に布団の中に入りながらスマホを使っているんですよね(笑)

 

結構、就寝前にスマホを使う方って多いのではないでしょうか?

 

もしかしたら、僕だけではなくあなたも『睡眠時無呼吸』を発症しているかも・・・

そのように考えると、ちょっと不安になってきますよね(笑)

 

さて、なぜ就寝前にスマホを使うことが良くないのでしょうか?

 

就寝前、スマホの画面が大した照度ではなくても、周りが暗くなってから光を見ると、瞳孔に光が直接入ってきます。

 

そのため、交感神経を緊張させてしまい、それが原因で寝付きを悪くさせてしまうんだそうです。

 

その結果、『睡眠時無呼吸』を発症しやすいとか・・・

 

そのことを指摘された南美希子アナも、やはり就寝前にスマホを使っているようです。

 

また、睡眠不足に陥っていることも南美希子アナは告白されているので、確かに就寝前にスマホを使うのはよくないんでしょうね。

 

個人的に『睡眠時無呼吸』は肥満の人しかならないものだと勝手に思っていたのですが、特に肥満とか関係ないんだなと思いました。

 

 

まとめ

 

今回は、『南美希子が睡眠時無呼吸になった原因は?肥満は関係なかった?』について、まとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

南美希子アナは番組で診断を受けるまでは、睡眠不足に悩んでいたものの、まさか自分が『睡眠時無呼吸』になっているとは思ってもいなかった様子でした。

 

その原因の1つとして、『就寝前のスマホの使用』というのが良くないようなので、もしあなたも睡眠不足に陥っているのであればそれが原因の1つになっているかもしれませんね。

 

睡眠不足になっているのであれば、南美希子アナと同じように『睡眠時無呼吸』を発症している可能性もあるので、念のため一度診断することをおすすめします。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。