こんにちは、Ruiです!

 

朝ごはんの定番である、納豆と生卵。

 

納豆に生卵をかけて食べると美味しいので、朝ごはんにはぴったりの組み合わせだと思っている方も多いのではないでしょうか!

 

しかし、実は納豆と生卵の組み合わせの相性が良くないというのをご存知でしたか?

 

そこで今回は、『納豆に生卵がよくない理由は?栄養効果のある組み合わせ食材に驚愕?』と題して、納豆と生卵の相性がよくない理由、逆に納豆と組み合わせることで栄養効果のアップにつながる食材についてまとめて紹介していきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

納豆に生卵がよくない理由は?

 


画像引用元:https://locari.jp

 

納豆には、体にいい栄養素がたくさん含まれているのは皆さんお分かりかと思います。

 

その中に、『ピチオン』という美肌効果のあるビタミンBの一種が納豆に含まれています。

 

ビチオンは、コラーゲンの生成を助ける作用や頭皮の血行促進などの効果があることから『皮膚のビタミン』とも呼ばれています。

 

髪や爪の主成分であるケラチンは、コラーゲンから作られているので、ビオチンを摂ることで髪や爪を健康に保たれる効果があります。

 

また、皮膚の炎症を改善して新陳代謝をアップしてくれるため、美肌効果も期待できるので、納豆には素晴らしい栄養がたくさん含まれています。

 

なぜ、栄養素がたくさん含まれている納豆に生卵を組み合わせて一緒に食べるとよくないのでしょうか?

 

生卵には、『アビジン』というタンパク質の一種が含まれています。

 

アビジンには、納豆に含まれているビチオンと強く結合する性質を持っているのですが、この2つが結合してしまうと美肌効果のあるビオチンの吸収を妨げる原因となってしまうのです。

 

そのため、アビジンによってせっかくのビオチンの効果が吸収されることなく体外へ排出されてしまう訳なんですね。

 

納豆と生卵を組み合わせて一緒に食べてしまうとビオチンの吸収率が減ってしまうという理由から、納豆に生卵がよくないと言われています。

 

ただ、生卵すべてがよくないという訳ではありません。

 

生卵には、卵黄と卵白がありますが、先ほどお伝えした『アラビン』が含まれているのは『卵白』の部分だけになります。

 

卵黄にはアラビンが含まれていないので、僕と同じようにどうしても納豆と一緒に生卵を組み合わせて食べたいという方は、卵白を取り除いて食べれば、ビオチンの吸収の妨げを防ぐことができます。

 

さらに、生の卵白に含まれているアビジンは熱に弱いので、加熱することでアビジンの働きを抑えることができます。

 

なので、生卵を加熱して半熟卵にすれば、納豆の食べ合わせに卵白を取り除かなくても大丈夫なので、安心して食べることができます。

 

 

 

栄養効果アップの組み合わせ食材は何?

 

納豆との組み合わせでいい食材は何でしょうか?

 

定番ですが、やはり相性がいいのはお米だと言われています。

 

大豆とお米には『補足効果』があり、一緒に食べることによってタンパク質の栄養価が高まります。

 

さらに、キムチを組み合わせて一緒に摂取すると乳酸菌とナットウキナーゼの相乗効果で、便秘にも効果が期待ができます。

 

納豆とキムチとの味の相性もいいですし、便秘にも効果があるので最高ですよね!

 

それ以外の食材では、納豆とオリーブオイルの組み合わせがいいと言われています。

 

『オレイン酸』がたくさん含まれてオリーブオイルには、血液の流れを促進させたり、骨粗しょう症の防止や便秘解消の効果に期待できるとのことです。

 

 

まとめ

 

今回は、『納豆に生卵がよくない理由は?栄養効果のある組み合わせ食材に驚愕?』と題して、納豆と生卵の相性がよくない理由、逆に納豆と組み合わせることで栄養効果のアップにつながる食材についてまとめて紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

 

納豆にオリーブオイルを組み合わせて食べたことがある方は多くいないかもしれませんが、混ぜて食べると意外と美味しく食べれます!

 

栄養効果のある食材として納豆との相性も抜群なので、未経験の方は是非一度お試しして頂ければと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。