相川圭子(瞑想マスター)の年収や評判・料金は?年齢や結婚・経歴も

 

こんにちは、Ruiです!

 

突然ですが、世界でたった2人しかいないという瞑想マスターの相川圭子さんをご存知でしょうか?

 

相川圭子さんは、史上初めての女性ヒマラヤ大聖者、シッターマスターとして、インドでは宇宙の母・ヨガの母という意味の『ヨグマタ』の名称で、人々の尊敬を集める凄い人なんだそうです。

 

そこで今回は、そんな瞑想マスターの相川圭子さんについて詳しく見ていきたいと思います。

 

題して、『相川圭子(瞑想マスター)の年収や評判・料金は?年齢や結婚・経歴も』

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

 

相川圭子の経歴プロフィール

 


画像引用元:https://www.science.ne.jp/

 

瞑想マスターと呼ばれる相川圭子さんは、女性として史上初のシッダーマスターであり、仏教やキリスト教の源流である5,000年の伝統を持つヒマラヤ秘教の正統な継承者とのこと。

 

シッダーマスターは相川圭子さんを含め、世界でたった2人しかいないんだそうです。

 

山梨県出身の相川圭子さんは、10代でヨガや瞑想、健康法に興味を持ち、16歳から本格的に実践を始めました。

 

23歳でヨガを教えるようになり、その後もヨガや健康法の研究と指導を重ねた相川圭子さんは、1972年に独立して『相川圭子総合ヨガ健康協会』を設立します。

 

そして、都内でヨガの指導を行いながら、自身もヨガや東洋医学などの様々な教えを学びます。

 

特にインドには毎年訪れ、そこで様々な道場を巡りながらヨガの修行に励み磨きをかけます。

 

30代では、さらなる探求のためアメリカでニューエイジの心理療法や各種セラピー、ヒーリングなどのライセンスを取得した相川圭子さん

 

そして、自ら創作したヨガダンスやプラナディヨガの本を含めた、ヨガと健康法に関する書籍を多数出版します。

 

1984年、インドで最も高名なヒマラヤ聖者であるパイロットババジさんがテレビ局の招待で来日したことがきっかけで初めて出会いました。

 

その後、パイロットババジさんの師である大聖者のハリババジと出会い、標高5,000mを超える氷河近くのヒマラヤ奥地での厳しい修行をします。

 

2000年8月には、インド大使館を通じてインド政府国会議長、元首相の他、総勢20名の国会議員より表敬訪問を受けました。

 

2007年1月に、アラハバードで第18回目の公開サマディが行われ、それまでの偉業を讃えられました。

 

また同月には、インド最大の霊性修行の協会『ジュナ・アカラ』より、最高指導者の称号『マハ・マンドレシュワリ』を外国人として、また女性としても初めて相川圭子さんが授与されました。

 

現在、相川圭子さんはサマディからの宇宙的な愛と叡智をシェアするために、本の執筆活動や世界各国を回りながら法話と祝福を与えているとのこと。

 

日本では、真の幸せと悟りのための各種研修と瞑想合宿を開催し、人々の意識の進化と能力開発を導かれているようです。

 

 

相川圭子の年齢は?結婚して旦那と子供はいる?

 

相川圭子さんは1945年生まれということで、現在の年齢は73歳とのことです。

 

とても若々しい印象だったので、実年齢を知って正直驚きました。

 

続いて、相川圭子さんは結婚されているのか調べてみましが、プライベートに関する情報がありませんでした。

 

また、旦那さんや子供がいるような情報も見当たらず、以前にインタビューを受けた時に、子供の頃からお嫁に行くという考えを持っていなかったことから、おそらく結婚はされていないかと思います。

 

それに、20代の頃からインドなどの国外へ足を運んだり、30代の時にはヒマラヤ奥地で修行を行われてきたので、そう考えると結婚して旦那さんや子供がいないとも想定されるのではないでしょうか。

 

 

相川圭子の講演会の評判と料金は?

 

相川圭子さんが開く講演会の料金を調べてみると、池袋など地方で行われる講演会では3,000円ほどで参加することができるようです。

 

学生だと学割で通常料金の半額以下で講演会に参加できるのもありました。

 

2017年には、『平和の祭典』という講演会で相川圭子さんの他に、特別ゲストとしてパイロット・ババが迎えら行われたようですが、その時の参加料金は20,000円だったそうです。

 

また、相川圭子さんが主宰する瞑想会に入会することができます。

 

詳しい料金は分かりませんでしたが、入会金に1万円と月々の会費が1,000円からとなっているようです。

ネット上にあった情報なので、信憑性に欠けてしまいますがご了承ください。

 

具体的な料金などについては相川圭子さんの公式サイトからメールや電話で問い合わせれば、スタッフさんが親切に答えてくれるとのことです。

 

瞑想が自分自身の一切の活動の労力源になっているという相川圭子さんが教える瞑想には評判がとても良いみたいですね。

 

評判が良いとは言っても、『瞑想にお金を払うのは・・・』と思っている人にとっては講演会に数千円で参加できたとしても勇気のいる費用になってしまうかもしれません。

 

 

相川圭子の年収はいくら?

 

相川圭子さんの年収については明かされていないため、さすがに分からなかったのですが、一般的に正社員のヨガインストラクターの場合だと年収は250万~400万円が相場のようです。

 

ちなみに、フリーランスとして活動するヨガインストラクターでは、ヨガスタジオやフィットネスクラブなどと契約することによって、レッスン単位で報酬を受け取ることができます。

 

東京や横浜、大阪といった大都市では、1時間ほどの1レッスンで3,000円~5,000円ほどが相場になっているようです。

 

報酬額は、ヨガインストラクターとしての経験や実績、評判などによって料金が決まります。

 

相川圭子さんの独立して活動している場合は、年収が高いと言われています。

 

それに相川圭子さんの知名度が国内だけではなく国外でも知名度は高く、テレビ出演や著書も出版されているので、少なくとも1,000万円以上は稼いでいるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

今回は、『相川圭子(瞑想マスター)の年収や評判・料金は?年齢や結婚・経歴も』について、色々と相川圭子さんのことを見ていきました。

 

瞑想マスターと呼ばれる相川圭子さんは、女性として史上初のシッダーマスターであり、世界でたった2人しかいないというのは、素人から見ても本当に偉大で凄い人なんだろうなと思いました。

 

相川圭子さんの今後の活躍に注目していきたいと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。