こんにちは、Ruiです!

 

2018年3月27日に放送されるTBS系『この差って何ですか?』の番組にて、とても興味のあるモノを発見しました!

 

それは、『必』と『博』の書き順が昔とは違う?と言うモノです。

 

『必』と『博』の漢字が、昔とは書き順が違うとは一体どういうことなのでしょうか?

 

個人的に物凄く気になったので、今回はその内容について記事を書いていきたいと思います!

 

題して、『必と博の書き順が昔と違う理由とは?書き方が3つあるってホント?』

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

『必』の書き順は?書き方が3つあるってホント?

 

まずは、『必』の書き順から見ていきたいと思います!

 

『必』は、小学4年生に習う漢字なのですが、皆さんはどのような書き順で習ったは覚えていますか?

 

『必』の正しい書き順について調べてみたところ、なんと『必』には3つの書き順があり、どれも正しい書き方であることが分かりました!

 

 

僕は普段『必』を書く時にはAの書き順で書いているのですが、皆さんはどの書き順で書いていますか?

 

まさか、『必』には3つの書き方があって、どれも正しいとは知りませんでした(;^_^A

 

基本的には、Aの書き方で掲載されていることが多いようです。

 

 

『博』の正しい書き順は?

 

続いては、『博』の書き順について見ていきましょう!

 

皆さんは、『博』を書くときに、どのよう書き順で書いていますか?

 

昔は、『博』の右上の『、』を最後に書くことを習っていたと思うので、おそらく多くの方はそのような書き順で書いているかと思います。

 

僕も小学校のときはそのような書き順で教わっていました。

 

しかし、今は『博』の書き順が変わっているようです。

 

『博』の右上の『、』は最後に書くのではなく、『寸』を書く前の9画目になっているんだそうです。

 

 

皆さんは、上記の書き順が『博』の正しい書き方だと知っていましたか?

 

僕は今回は『博』の書き順を調べて初めて知りました(;^ω^)

 

 

書き順が昔と違う理由とは?

 

『必』には書き方が3つあったり、『博』については書き順が昔と違っていたりしていましたが、その理由とは一体何なんでしょうか?

 

1958年に文部省が作成した『筆頭指導の手引き』がもとになって漢字の書き順は決まっており、そこからはほとんど変わっていないようです。

 

その当時、『筆頭指導の手引き』を作成する際に召集されたメンバーで考えていたのですが、それぞれ書き順が異なってしまい、そのことで議論となってしまいました。

 

今ではとても信じられないような話ですが、『自分の流派の書き順が取り入れられないなら切腹する』なんて言い出す方もいたんだそうです( ̄▽ ̄;)

 

そのような事があって、色々と書き順はどうするかと問題になっていしまい、『(手引きに乗せなかった書き順は)誤りとはしない』という注釈を載せ、今回の『必』のように『複数の書き順を許容する』ことにしたようです。

 

これは苦肉の策として、決めたようですね。

 

ちなみに、『必』のように書き順が複数存在しているのは、現代で使われている漢字の全体の約2割もあるそうです!

 

意外にも、多くの漢字で複数の書き順があるんですね!

 

昔と比べて今では、漢字の書き順のルールは緩和され、基本的に『上から下へ』『左から右へ』という大原則のみになっているようです!

 

 

まとめ

 

今回は、『必と博の書き順が昔と違う理由とは?書き方が3つあるってホント?』についてまとめて紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

 

『必』の書き順に3つの書き方があったり、『博』の書き順も昔と違うというのは、僕も初めて知りました。

 

現代において、全体の約2割の漢字が複数の書き順があるようなので、他にはどんな漢字があるのか調べてみたいと思います!

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます!

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。