ひょっこりはんの人気の理由は?著作権侵害で今後はどうなる?

 

こんにちは、Ruiです!

 

シュールな芸風で、今人気あるピン芸人のひょっこりはん。

 

ここ最近では、テレビなどでひょっこりはん見る機会が増えていて知名度を上げていますよね!

 

そんな注目されているひょっこりはんに対して『著作権侵害?』とのニュースが入ってきました。

 

そこで今回は、『ひょっこりはんの人気の理由は?著作権侵害で今後はどうなる?』と題して、ひょっこりはんの人気の理由、そして著作権侵害の内容と今後が気になったので調べてまとめていきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

 

ひょっこりはんの人気の理由は?

 

 

音楽に合わせてさまざまな物陰から『はい、ひょっこりはん』という掛け声に合わせて顔を覗かせるだけのシンプルなネタが話題となって今人気あるひょっこりはん。

 

シュールな芸風のひょっこりはんの人気の理由とは一体どういうものなのでしょうか?

 

ひょっこりはんが人気となった最大の要因は、非常にシンプルなネタであることだと思います。

 

何にでも『マネしたくなる』というのは、大ヒットするネタやギャグに共通するものであり、ひょっこりはんのネタにはその条件が備わっています。

 

何と言っても物陰から顔を出すだけでいいので、小さな子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで、誰でも簡単に手軽にマネができてしまいますからね!

 

ひょっこりはんの髪型や服装には特徴があり、顔を除かせる瞬間の足の開き方などの絶妙なところが面白かったりするのですが、ただひょっこりと顔を出せばネタが成立してしまう単純さが世間で話題となり広まって人気が出たと思います。

 

一方で、ネット上では『一発屋になるんじゃないか』ともささやかれているので、ひょっこりはんの今度の動向に注目です。

 

 

ひょっこりはんが著作権侵害?今後はどうなる?

 

ひょっこりはんのネタ中にBGMとして使われている楽曲『sonorously box』が著作権侵害にあたると、『音楽素材MusMus』の管理人がサイトで主張しています。

 

なぜ、著作権侵害にあるのか?

 

『音楽素材MusMus』の管理人によると、

《著作権表記をしていない》
《著作権表記をしない場合の利用料を支払っていない》
《他の企業などに「フリー音源」として二次配布を行った》

という、上記3つの内容が楽曲違反で使用していると主張しています。

 

また、『音楽素材MusMus』によると、moraやレコチョクなどで配信されている楽興を少し改変しただけのネタで使用されているBGMは、使用する際に連絡もなく許可もしていないため、著作権侵害であると主張しているのです。

 

ひょっこりはんが所属する『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』は、現時点では今回の件に対して事実関係を確認中とのことですが、今後ひょっこりはんのネタで流れるBGMは使用できない可能性が高いと思います。

 

 

まとめ

 

今回は、『ひょっこりはんの人気の理由は?著作権侵害で今後はどうなる?』と題して、ひょっこりはんの人気の理由、そして著作権侵害の内容と今後について調べてまとめていきたいと思います。

 

今人気あるひょっこりはんのネタで使われているBGMに著作権侵害にあたるというのは、今後の活動にかなり大きく影響が出てきそうですよね。

 

この件について、ひょっこりはんの今後の動向に注目していきたいと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。