こんにちは、Ruiです!

 

2018年3月22日に放送されるテレビ東京系『カンブリア宮殿』で、予約不要の優しい心情治療の医師として、三角和雄医師がゲスト出演されます。

 

三角和雄医師は、千葉県松戸市にある『千葉西総合病院』の院長を務められていて、体に優しい『心臓カテーテル治療』で日本一の症例数を誇り、神業で多くの患者の命を救い続ける凄腕の医師なんだそうですね!

 

そこで今回は、そんな三角和雄医師にスポットをあてて記事を書いていきたいと思います!

 

題して、『三角和雄の評判と経歴・趣味がスゴい?医師を目指したきっかけは?』

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

三角和雄医師のプロフィール

 

 

まず最初に、三角和雄医師のプロフィールから見ていきたいと思います!

◆プロフィール

名前:三角和雄(みすみ かずお)
生年月日:1957年11月20日
年齢:60歳(2018年3月現在)
出身地:大阪府大阪市
出身高校:大阪教育大学附属高校平野校舎
出身大学:東京医科歯科大学

 

1957年11月20日に、大阪府大阪市で三角和雄医師が生まれました。

 

三角和雄医師の父親は、祖父が経営するプラスチック加工会社に勤めていたようで、母親は専業主婦だったそうです。

 

そして、4歳年上のお兄さんがいるようです。

 

三角和雄医師の『和雄』という名前の由来は、父親と母親の名前の一文字ずつを取って『和雄』と名付けたそうなんですが、実は三角医師が生まれるまで親戚や周りの近所の人たち皆が女の子が生まれることを期待いていて、女の子の名前しか用意していなかったんだそうです。

 

そしたら、男の子が生まれて、とりあえず親の名前の一文字ずつ取って『和雄』にしたんだとか!

 

そのことを初めて知ったとき、三角和雄医師はどのように感じたのか気になりますよね(笑)

 

ちなみに、三角和雄医師の父親の名前は『利雄』、母親は『和子』で、お兄さんは『英雄』です。

 

 

三角和雄医師の経歴について

 

続いて、三角和雄医師の経歴を見てみましょう!

 

三角和雄医師の経歴がコチラです!

 

略歴

1982年 東京医科歯科大学医学部医学科 卒業
1982年 東京医科歯科大学医学部第三内科勤務
1983年 国家公務員共済組合連合会横浜南共済病院第一内科勤務
1984年 東京医科歯科大学医学部第三内科勤務
1985年 イリノイ大学医学部シカゴ校留学(心臓血管病理)
1987年 ニューヨーク医科大学リンカーンメディカルセンター内科レジデント
1988年 カリフォルニア大学ディヴィス校神経内科レジデント
1990年 ピッツバーグ大学メディカルセンター内科レジデント
1991年 カリフォルニア大学アーヴァイン校心臓内科クリニカル・フェロー
1993年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
グッド・サマリタン病院心臓内科クリニカル・フェロー
1996年 ハワイ大学医学部内科(循環器部門)臨床系助教授・開業
1998年 医療法人社団木下会 千葉西総合病院心臓センター長
循環器科主任部長(ハワイ大学臨床系助教授併任)
2000年 医療法人社団木下会 千葉西総合病院 副院長
2004年 医療法人社団木下会 千葉西総合病院 院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
米国内科学会専門医正会員
米国心臓病学会専門医正会員
日本内科学会専門医評議員
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション学会指導医・評議員
日本冠疾患学会評議員
日本老年病学会専門医
日本国医師免許
米国カリフォルニア州医師免許
米国ハワイ州医師免許

受賞・著書・論文など

1982年 東京医科歯科大学 長尾幽学術奨励賞受賞
2009年 日本赤十字社金色有功賞受賞
2010年 紺綬褒章
2012年 紺綬褒章
ベストドクターズ

引用元:https://medicalnote.jp/doctors/150613-000002-HZMOHM

 

 

三角和雄医師の趣味がスゴい?

 

それでは、三角和雄医師の趣味について見ていきたいと思います!

 

三角和雄医師は多趣味のようで、

  • 将棋(日本将棋連盟六段)
  • 筋肉トレーニング
  • 映画鑑賞
  • 読書
  • スーキューバダイビング

が、好きなんだそうです!

 

趣味の将棋は、小学生の頃から始めて大学時代にはアマチュア四段まで昇格し、現在は6段まで昇格しています!

 

実は、日本の将棋棋士で有名な羽生善治竜王が子供だった頃に対戦したことがあるんだそうですよ!

 

そして、三角和雄医師は筋トレが趣味で、プロフィールで体脂肪が16%であることを公表しています。

 

ひょっとしたら、自分の方が体脂肪が高いかも・・・(笑)

 

健康な身体を維持する為にも、やはり適度な運動や筋トレは必要ですよね!

 

映画鑑賞についてはラブストーリーが好きで、コメディ映画はNGなんだそうです。

 

僕はコメディ映画が好きなので、ちょっと意外だなと感じてしまいました。

 

その他にも、スキューバダイビングが趣味のようで、僕も以前からやってみたいと思っているんですけど一度も経験がないんですよね(>_<)

 

医師として毎日忙しいとは思うんですけど、多趣味で充実している印象がしました!

 

 

三角和雄医師の評判は?

 

先ほど、三角和雄医師の経歴を見て分かるように、凄い腕前を持っている非常に優秀な医師です。

 

そんな、三角和雄医師の評判について見ていきたいと思います!

 

三角和雄医師は、体に優しい『心臓カテーテル治療』で日本トップクラスの治療件数を誇っています。

 

『心臓カテーテル治療』というのは『血管内治療』という意味合いで、細い糸のようなものを血管内に入れて膨張させて治療するので、患者の体の負担を最小限に抑えることができます。

 

その他にも、特に高度なカテーテル治療として知られる『ロータブレーター治療』の件数は世界でもトップで、ロータブレーター治療を使った指導医ができるのは、日本で三角和雄医師のたった1人だけなんだそうです!

 

『ロータブレーター』というのは、コレステロールなどが原因で動脈硬化を発症してしまったときに、それを削って治療するものです。

 

極端に言ってしまうと、『ロータブレーター』はドリル的な役割を果たしてくれるということです。

 

その治療をできるのが、日本で三角和雄医師だけということなので、物凄い腕前を持った医師だということが改めて分かりますよね!

 

また、医師の相互評価によって選出される『ベストドクターズ』に選べれるほど、国内だけではなく国外でも三角和雄医師の知名度は高いということなので、評判はかなり高いと言えます!

 

 

医師を目指したきっかけは?

 

ところで、医師を目指したきっかけは何だったのでしょうか?

 

調べてみると、実は三角和雄医師は小学2年生まで当時の佐藤栄作総理大臣に憧れていたようで、それから総理大臣になることを夢に描いていました。

 

ところが、3年生になったときにリウマチ熱にかかってしまい、2ヶ月ほど入院することになってしまいました。

 

その時、三角和雄医師の父親の同級生だった小児科医の先生から良くしてもらったことがきっかけとなり、ここから医師への関心が高まったんだそうです。

 

東京医科歯科大学に進学した三角和雄医師は当初、小児科か脳神経外科になりたいと思っていました。

 

ところが、医学部6年生で受けたアメリカ・フィラデルフィアの小児病院での実習で、カテーテル治療が低侵襲で患者の負担が小さいところに興味を持つようになりました。

 

今の三角和雄医師がいるのは、大学時代に受けたアメリカ・フィラデルフィアの小児病院での実習だったと言っても過言ではありません。

 

 

まとめ

 

今回は、『三角和雄の評判と経歴・趣味がスゴい?医師を目指したきっかけは?』についてまとめて紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

 

三角和雄医師のことについて調べれば調べるほど、本当に偉大な先生だなと感じました。

 

なので、3月22日に放送される『カンブリア宮殿』で、さらに詳しく三角和雄医師のことが紹介されると思うので見てみたいと思います!

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます!

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。