こんにちは、Ruiです。

 

2018年4月11日の午後8時45分ごろ、滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番内に勤務していた井本光巡査部長(41歳)に何者かが拳銃で発砲し、頭と背中から血を流して倒れているところを同署員が発見したという今回の事件。

 

警察官を撃った人物はそのまま逃走していましが、警察官がその行方を追い無事に犯人は逮捕されました。

 

逮捕された犯人は、井本光巡査部長とともに勤務にあたっていた19歳同僚の警察官でした。

 

そこで今回は、19歳同僚の警察官の名前と顔画像、そして犯行の動機について調べてまとめていきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入らせて頂きます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

19歳同僚の警察官の名前と顔画像は?

 

 

井本光巡査部長を拳銃で発砲して、殺人の疑いで逮捕されたのは19歳同僚の警察官でした。

 

多くの報道では、『19歳の同僚を逮捕』ということで名前や顔画像は公表していません。

 

しかし、NHKは19歳同僚の警察官が逮捕される前から、事件の重大性や市民の安全などを考慮して、名前と顔画像を公表していました。

 

ということで、逮捕された19歳同僚の警察官の名前は、大西智博容疑者です。

 

なぜ、大西智博容疑者が逮捕される前から名前を公表していたかというと、井本光巡査部長を拳銃で発砲して逃走した際に、最大で3発の実弾が入った拳銃を持っていたからです。

 

そして、19歳同僚の大西智博容疑者の顔画像がこちらになります。

 

※大西智博容疑者が逮捕される前に報道されていたので、『殺人の疑いで捜査』となっています。

 

報道によると、大西智博容疑者は、2017年4月に採用され2018年1月29日より彦根署へ配属されたとのことです。

 

 

19歳同僚の警察官(大西智博容疑者)の犯行の動機は?

 

現時点では、井本光巡査部長を拳銃で発砲した犯行の動機については取り調べの最中ということで明らかになっていません。

 

ですが、ネット上での推測では『井本光巡査部長のパワハラ』が原因で、大西智博容疑者が犯行に及んだのではないかと推測されています。

 

事実確認ができたので分かりませんが、確かにその可能性が一番高いかもしれません。

 

しかし、どのような動機であったとしても、警察官が拳銃を使って発砲するというのは、絶対にあってはならないことです。

 

大西智博容疑者には、しっかりと罪を償って頂きたいと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。