こんにちは、Ruiです。

 

『永遠の若大将』で有名な、歌手の加山雄三さんが所有するクルーザー『光進丸』が燃えたというニュースが入りました。

 

加山雄三さんが所有する『光進丸』が燃えてしまった火災の原因は一体何だったのでしょうか?

 

また、『光進丸』の画像や価格も気になりましたので、今回はその内容を詳しく見ていきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

加山雄三の『光進丸』の火災原因は?

 

報道によると、火災が起きたのは4月1日の午後9時20分頃で、場所は静岡県西伊豆町の安良里港とのことです。

 

 

燃えていた船というのは、加山雄三さんが所有するクルーザー『光進丸』だったとのことですが、火災の原因は一体何だったのでしょうか?

 

今のところ、火災の原因については調べているところということで、詳しいことは分かりませんでした。

 

ただ、原因として考えられるとしたら、電気系統の漏電によるものが原因となってしまい、それが火災に繋がったかもしれません。

 

また、以前に『光進丸』が何らかの修理を行った際に、溶接などを行った後の処理に原因があって火災が起きた可能性もあるのではないでしょうか?

 

あくまでも、個人的な意見ですが…。

 

ちなみに、現時点で分かっている情報では、船が燃えていたのは加山雄三の『光進丸』1隻だったということ。

 

そして、『光進丸』に人は乗っておらず、ケガ人はいなかったと報じられていたことです。

 

その日、加山雄三さんは沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで公演しており、終演後に『光進丸』が燃えたことを知って驚いていたとのことです。

 

 

加山雄三の『光進丸』の画像と価格は?

 

加山雄三さんが所有する『光進丸』は、1981年に購入した3代目のクルーザーです。

 

『光進丸』の大きさは、全長30.56メートル、総重量104トンということが調べて分かりました。

 

それだけ立派なクルーザーなら、きっと『光進丸』の価格はかなり高かったことが予想されますよね。

 

気になったので、『光進丸』の価格はいくらしたのか調査してしてみたところ、なんと当時で4億円したと言われています。

 

価格が4億円もする豪華なクルーザーが燃えてしまうなんて、悲しすぎますよね…。

 

そして、気になる『光進丸』の画像があったので見てみましょう!

 

 

いかがでしょうか?

 

画像を見てだけでも分かるように、さすが加山雄三さんの『光進丸』は立派なクルーザーですよね。

 

加山雄三は家族と一緒に度々訪れて過ごしたり、友人らを招いて手料理をふるまって楽しんでいたようです。

 

また、2010年には抽選で選ばれたファンを『光進丸』に招待し、クルージングもされていたようですね。

 

そんな思い出が詰まっている『光進丸』が燃えてしまったことに対して加山雄三さんは、今回の火災でとてもショックな出来事だったと思います。

 

今のところ、『光進丸』の火災原因は分かっていませんが、早く原因が分かるといいなと思います。

 

何より今回の火災で、誰1人もケガ人がいなかったことだけは本当に良かったです。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。