こんにちは、Ruiです!

 

2018年6月9日の21時47分頃、東海道新幹線内で刃物を持った男が次々に乗客に襲い掛かるという悲惨な事件が起きてしまいました。

 

刃物を持った男に切り付けられた男性1人が亡くなってしまい、女性2人が重傷を負ったとのことです。

 

殺人未遂容疑で現行犯逮捕された犯人の男は、22歳無職の小島一朗容疑者です。

 

小島一朗容疑者の顔写真が公開されたのですが、ネット上では『見るからにアニメオタク』と話題になっています。

 

そこで今回は、『小島一朗はアニメオタクなの?アニオタを犯罪者予備軍にする理由は?』と題して、小島容疑者はアニメオタクなのか、そしてアニオタが犯罪者予備軍と言われてしまう理由までを調べていきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

小島一朗容疑者はアニメオタクなの?

 


画像引用元:https://twitter.com

名前:小島一朗
性別:男性
年齢:22歳
出身地:愛知県岡崎市
職業:無職

小島一朗容疑者の顔写真が公開され、ネット上では小島容疑者に対して『アニメオタク』だと話題になっています。

 

自身がアニメオタクだと供述してないので、実際のところ小島一朗容疑者がアニオタなのか分からないのですが、確かに公開された顔写真を見た印象ではアニオタのような雰囲気が漂わせている感じもします。

 

報道によると、東海道新幹線内で悲惨な事件を起こした小島一朗容疑者の犯行動機が『むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった』と供述していたようです。

 

そんな動機で人に襲い掛かって傷を負わせるなんて許すことができないですし、本当にとても心が痛みます。

 

 

アニオタは犯罪者予備軍にする理由は?

 

 

以前から、『アニオタ=犯罪者予備軍』と呼ばれ、ネット上で大きな話題になっています。

 

なぜ、アニメオタクは犯罪者予備軍と呼ばれてしまうのか気になったので調べてみました。

 

すると、ネット上でアニオタを犯罪者予備軍にする理由に繋がるような書き込みがあったので、その内容を見てみたいと思います。

 

ただのストーカー事件より、
キモオタがストーカーとかにした方が面白いし視聴率取れます。

どうせ視聴者も贔屓目のない厳正な真実とか求めてません。
分かりやすく犯人はアニオタでした、とした方が、
「あぁ、やっぱりそうか…」と納得しますし食い付きも違います。
どうせ完全に嘘ってわけでもないんだし…

引用元:https://oshiete.goo.ne.jp

 

あくまでも、アニメオタクを犯罪者予備軍にする理由についての一つの意見ですが、マスコミが視聴者の食いつきを良くするために見た目からの風貌から『アニオタ』という表現を使うことが多いようです。

 

その結果、いつからかアニメオタクは犯罪者予備軍とネット上で話題になったみたいですね。

 

視聴率の獲得が目的でマスコミそのように使ったと思いますが、決してアニメ好きな人が悪いわけではないですし、それでアニオタが犯罪者予備軍と認知するのは違うと思います。

 

 

まとめ

 

今回は、『小島一朗はアニメオタクなの?アニオタを犯罪者予備軍にする理由は?』と題して、小島容疑者はアニメオタクなのか、そしてアニオタが犯罪者予備軍と言われてしまう理由までをまとめて紹介させて頂きました。

 

小島一朗容疑者がアニメオタクなのかは現時点では分かりませんが、今回の事件は新幹線の中で斧のような刃物を振り回して被害者が出てしまったという悲惨な事件です。

 

被害に遭われた方はもちろんですが、その場にいた乗客の方々も本当に怖かったと思いますし、その恐怖から心に傷を抱えてしまった方もいるかと思います。

 

もう二度とこのような悲惨な事件が起きないように、新幹線のセキュリティを強化して欲しいなと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。