こんにちは、Ruiです!

 

日大アメフト部の宮川泰介選手が悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた問題で、日大が5月23日の午後8時から、内田正人前監督と井上奨コーチが東京都内で緊急記者会見を開きました。

 

内田正人前監督と井上奨コーチによる緊急記者会見の前日に、宮川泰介選手が会見を開き、まだ20歳の彼がたった1人で事情説明をしている姿に『立派だった』という声が多く寄せられていました。

 

一方で、内田正人前監督と井上奨コーチによる緊急記者会見は言うと、ネット上では批判の声が相次いでいます。

 

ネット上に挙がっていた、内田正人前監督と井上奨コーチの緊急記者会見を視聴した人たちの声をまとめてみましたので、その内容を早速見てみましょう!

 

スポンサーリンク

 

日大アメフトの内田前監督と井上奨コーチの言い訳が酷い?

 


画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

 

日大アメフトの内田正人前監督と井上奨コーチが、5月23日に東京都内で緊急記者会見を開きました。

 

悪質な反則行為をしてしまった宮川泰介選手は5月22日の会見で、試合前日に井上奨コーチを通じ、内田前監督から『相手のQBを1プレー目で潰せば(試合に)出してやる』と伝えられ、『潰せ』を『けがをさせろという意味』で捉えたと明かしていました。

 

そのことについて、内田前監督は『信じて頂けないと思うんですが、私からの指示ではございません。ですが、フィールドで起こったことですので、スタートから試合が終わるまでは私の責任だと思っております』と改めて否定。

 

井上奨コーチについては、『監督から僕にQBをけがさせてこいというような指示はございませんでした。私が宮川選手に対してQBを潰してこいと言ったのは、真実』と語っていました。

 

会見で内田前監督と井上奨コーチが指示したことを否定したことで、ネット上では大炎上。

 

実際に、ネット上でどのような声が挙がっていたのか見ていきたいと思います。

 

 

このように、ネット上では、内田前監督と井上奨コーチの『言い訳が酷い』とうんざり人たちが多く、何のために緊急会見を開いたのか全く意味が分からなかったのでした。

 

 

まとめ

 

今回は、日大アメフトの内田前監督と井上奨コーチが緊急会見を見た人たちの声をまとめて紹介させて頂きました。

 

僕は、この会見を見ていないので詳しい内容が分からないのですが、内田前監督と井上奨コーチが語ったことは言い訳がとても酷かったようですね。

 

これでは全く、何のために緊急会見を開いたのか理解に苦しみますよね。

 

今回の日大アメフト部の問題は、まだまだ注目が集まりそうです。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。