上田里美の今現在や結婚した夫(旦那)・子供は?爪はぎ事件とは?

スポンサーリンク







 

こんにちは、Ruiです!

 

2007年に北九州市の北九州八幡東病院に勤めていた看護師の上田里美さんが患者さんの爪を剥がしたと誤認され傷害罪で逮捕された『爪はぎ事件』。

 

事件当時、多くのメディアが上田里美さんのことを『爪はぎ看護師』として取り上げ、世間を騒がせ大きな注目を集めた事件の一つです。

 

あれから10年以上が経った今現在、上田里美さんはどのような生活を送られているのでしょうか?

 

そこで今回は、『上田里美の今現在や結婚した夫(旦那)・子供は?爪はぎ事件とは?』と題して、爪はぎ事件の概要から上田さんの今現在、そして結婚した夫や子供はいるのかまでを調査していきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク

爪はぎ事件の概要について

 


出典:https://www.dailymotion.com/video/xudxe5

 

爪はぎ事件は、2007年6月に北九州市の北九州八幡東病院で看護師の内部告発により、上田里美さんが認知症の高齢者の爪を剥がしたとして、意思疎通が困難な患者さんに対し患者の家族をはじめとする医師や同僚に知らせずに出血を伴う行為をすることは医療倫理に反すると高齢者虐待が疑われる事案と発表されました。

 

そして、翌月に上田里美が傷害罪で逮捕され、入院中の89歳女性と70歳女性の2人の足の爪3枚を深く切り出血させたとして約10日の怪我をさせた傷害罪で起訴されます。

 

上田里美さんは公判で自白調書の内容を『あれは虐待ではなくケアだった』と否認しましたが、1審が行われた福岡地裁は、出血を生じても看護行為ならば傷害罪にはならないとしながらも、当初は医師や上司や患者家族に対して自分の関与を否定する虚偽の説明をしていたことや上田さんが爪切り自体に楽しみを覚えていたなどと書かれていた供述調書を採用。

 

上田里美さんの動機に問題があったとして、懲役6月執行猶予3年の有罪判決を下します。

 

その後、2010年9月16日に福岡高裁は判決において、結果として微小な出血が生じた後の観察もせず放置し、当初は医師や上司や患者家族に対して虚偽の説明をしたことなど上田里美さんの不適切さを認定。

 

一方で、分厚くなったり変形したりするケースが多い高齢者の爪は、放置すれば何かに引っ掛かり爪がはがれたり、変形した爪が食い込んで著しく苦痛をもたらすことがあるそうで、それを防ぐために専用のニッパーを使い皮膚から浮いてしまった爪を取り除いてあげるのは看護行為として必要性があり、それは手段や方法も相当であり正当業務行為として違法性が阻却されるとして無罪判決を下します。

 

また、上田里美さんの行為にあわない表現が多いとして自白調書の信用性を否定されたことで、検察は上告を断念して無罪判決が確定されたのでした。

 

 

上田里美の今現在や結婚した夫(旦那)・子供は?

 

2012年に無罪を勝ち取った上田里美さん。

 

上田里美さんの今現在について調べてみると、爪はぎ事件で解雇された北九州市の北九州八幡東病院に2013年頃から復職されたとのことです。

 

普通であれば、看護師に戻るのを拒んだりすると思うのですが、それでも看護師を続けるというのは、それだけ患者さんのことを愛し今の仕事が好きなのでしょう。

 

その後は、クリニックで業務しながら診療したり、福祉の講演会では自身が経験した事件のことを伝える活動もされているようです。

 

さて、上田里美さんは現在ご結婚されていて旦那さんや子供はいるのでしょうか?

 

爪はぎ事件以外の情報は殆どないのですが、どうやら上田里美さんはご結婚されていて旦那さんと子供が2人いるようです。

 

旦那さんと子供2人の名前や年齢までは流石に分かりませんでしたが、事件が発生した当時40歳だった上田里美さんの年齢を考えると、子供は大人になって成人してるかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

今回は、『上田里美の今現在や結婚した夫(旦那)・子供は?爪はぎ事件とは?』と題して、爪はぎ事件の概要から上田さんの今現在、そして結婚した夫や子供はいるのかまで調査したのをまとめて紹介させて頂きました。

 

事件当時、多くのメディアが上田里美さんのことを『爪はぎ看護師』として取り上げたことで世間からバッシングがあり、1審では有罪判決が下され無罪判決が確定するまでの数年間は上田さんにとって非常に辛かったと思います。

 

その分、今後の人生は明るく幸せになることを願いたいですね。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。

スポンサーリンク








1 個のコメント

  • 日本&カナダで介護経験があります。介護士が見れば取れてしまった爪って分かる。知識の無い人が権力あり過ぎ!!カナダではフットケア専門士が毎週ケアします。フットケアは大事。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。