こんにちは、Ruiです!

 

近年では、死刑判決から逆転無罪を勝ち取ることもありますが、かつては一度でも死刑判決が確定したら覆すことが不可能と言われていた時代がありました。

 

1950年に発生した『財田川事件(ざいたがわじけん)』は、四大死刑判決冤罪事件の一つとして有名で、判事だった矢野伊吉さんが職を捨ててまで谷口繁義さんを弁護をしたことで、当時は不可能と言われていた『逆転無罪』を勝ち取ることができました。

 

そこで今回は、『財田川事件の真犯人と賠償金(刑事補償金)は?谷口繁義のその後も!』と題して、

  • 財田川事件の真犯人は誰?
  • 賠償金(刑事補償金)はいくらだったのか?
  • 無罪になった、谷口繁義さんのその後は?

といった、この事件の気になる点を調査してまとめていきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

『財田川事件』とは?

 


画像引用元:https://matomake.com/

 

事件が発生したのは、1950年2月28日。

 

香川県三豊郡財田村(現在の三豊市)で、当時63歳だった闇米ブローカーの男性が、全身30箇所を刃物で刺されたことにより亡くなり、現金1万3000円を奪われました。

 

同年の4月1日に、隣町の三豊郡神田村で、2人組による強盗事件が発生し、その事件の犯人として、当時19歳だった谷口繁義さんともう1人が逮捕されました。

 

逮捕された谷口繁義さんともう1人は『財田の鬼』と言われており、近隣で嫌がられていた不良組だったそうです。

 

1人はアリバイが証明され釈放となったのですが、谷口繁義さんはアリバイ成立に疑惑が残り、約2ヶ月に渡って厳しい拷問による取り調べの結果、自白の強要により8月23日に起訴となります。

 

そして、1950年11月6日に高松地方裁判所丸亀支部で第1回の公判が行われ、裁判で谷口繁義さんはアリバイ成立と自白が拷問によることを強く主張し、冤罪であると訴えました。

 

しかし、検察側は谷口繁義さんの谷口繁義さんの主張に対して、取調べ中にまったく出ていなかった、ある物的証拠があるとして有罪であると主張したのです。

 

それは、谷口繁義さんが犯行時に着用したとする国防色ズボンに被害者と同じO型の血痕が微量に付着していたというものでした。

 

この物的証拠と捜査段階での自白が信用できるとして、1952年2月20日、高松地方裁判所丸亀支部は谷口繁義さんに対して死刑判決を下しました。

 

すぐに谷口繁義さんは控訴しましたが、1956年6月8日に高松高等裁判所で控訴を棄却され、翌年の1月22日に最高裁判所も上告を棄却します。

 

『財田川事件』の犯人は谷口繁義さんではないにも関わらず、死刑が確定。

 

それからしばらくの月日が経過した1964年に、谷口繁義さんは再審を望む手紙を高松地裁に差し出し、その手紙は5年後の1969年に高松地裁丸亀支部長であった元裁判長の矢野伊吉さんによって発見されました

 

矢野伊吉さんによって手紙が発見されたことが、谷口繁義さんの大きな転機となったのです。

 

手紙を読んだ矢野伊吉さんは、疑わしく思える部分から再審の手続きを済ませ、再審に乗り出したものの、一方で開始直前に反対運動が起こり、『手紙ごときで再審はおかしい、引っ込め』などの暴言を受けてしまいます。

 

それでも諦めなかった矢野伊吉さんは裁判長の職を捨て、弁護士として再出発を果たし、谷口繁義さんの弁護人となって再審請求を行いました。

 

そして、1979年6月7日に高松地裁は再審開始を決定し、検察側の即時抗告を1981年3月14日に棄却したことで再審が始まりました。

 

再審の結果、1984年3月12日に高松地裁は、被告人の自白には真実ではないとの疑いがある上、さらに唯一の物的証拠であるズボンも事件当日に着用していた証拠はないとし、『財田川事件』と被告人と結び付けえる証拠は存在しないとして、ついに谷口繁義さんに無罪を言い渡したのです。

 

しかし、矢野伊吉さんは谷口繁義さんの無罪判決を聞くことなく、1年前の1983年3月に他界。

 

矢野伊吉さんと一緒に無罪判決を聞けなかった谷口繁義さんは、非常に残念な気持ちだったと思います。

 

獄中生活34年目にしてようやく放免された谷口繁義さんは、無罪を言い渡された即日に釈放され、故郷の財田町へ戻ったのでした。

 

 

『財田川事件』の真犯人は誰?

 

ところで、『財田川事件』の真犯人は誰だったのでしょうか?

 

無罪が言い渡される30年以上もの間、ずっと谷口繁義さんが真犯人だと確信していたため捜査は行なわてはおらず、当時の事件年表からして真犯人はすでに亡くなっている可能性もあると言われています。

 

しかし、『財田川事件』が発生した当時、怪しいと言われている人物がいたようです。

 

当時、遺体を発見した第一発見者の高知県の女性は、自ら警察には通報せず、飲食店で働いていた被害者の妻に伝えた後に、現場からすぐに立ち去ったことから真犯人だった可能性もあると言われています。

 

また、捜査記録に残されている所在地不明の男性についても、第一発見者であることから真犯人の浮上が出ていましたが、どちらも十分な捜査が行なわれていませんでした。

 

結局のところ、『財田川事件』の真犯人ついては現在も分かっていないようですね。

 

『財田川事件』の被害者だけではなく、33年11ヶ月という長い間、過酷な環境のもとで獄中生活を送っていた谷口繁義さんの為にも真犯人が明らかになって逮捕して欲しかったなと強く思います。

 

 

 

『財田川事件』の賠償金(刑事補償金)はいくら?

 

さて、冤罪によって『財田川事件』の賠償金はいくらだったのでしょうか?

 

『財田川事件』のように無罪判決となった場合には、『刑事補償法』という法律によって賠償金ではなく『刑事補償金』が適用され、現在だと補償金額は『拘束日数×金額(1000円〜12500円)』というように定められています。

 

『財田川事件』では、刑事補償金で支払われた金額についての情報が見あたらなかったので予測にはなってしまうのですが、およそ9000万円の補償金が支払われたと言われています。

 

この補償金が高いか安いかは人によって意見が様々ですが、33年11ヶ月もの間、過酷な環境のもとで獄中生活を送っていたことを考えると、個人的にはかなり低い金額ではないかと思いました。

 

一度きりの人生の中で、約34年という長い時間を奪われたのは非常に大きいですからね。

 

 

無罪になった谷口繁義さんのその後は?

 

1984年3月12日に、死刑判決から逆転無罪を勝ち取り、無罪判決を言い渡された谷口繁義さんは、その後は特に目立った活動をすることはなく、近親者から生活の世話などを受けて故郷の財田町で暮らしていました。

 

しかし、その後に脳梗塞を患ったことで、2005年3月から香川県琴平町の病院に入院。

 

入院してから、わずか4ヶ月後の7月26日に心不全のため、74歳で谷口繁義さんは亡くなっています。

 

 

まとめ

 

そこで今回は、『財田川事件の真犯人と賠償金(刑事補償金)は?谷口繁義のその後も!』と題して、財田川事件のことについて見ていきました。

 

『財田川事件』の真相を調べていく中で、とんでもない冤罪事件だと思いましたし、二度とあってはならないことだと思いました。

 

真犯人は今も存命でどこかで暮らしているのか分かりませんが、きっといい人生は送っていないと個人的には思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きまして、ありがとうございました!

 

Rui。