ビットコインも確定申告しないとバレる?仮想通貨の豆知識

こんにちは、Ruiです!

 

2017年は、仮想通貨の代表格でもある『ビットコイン』が一時期200万円以上まで高騰して物凄かったですよね!

 

そんなこともあって仮想通貨ブームになったわけですが、きっとビットコインをやって利益を出したという人も多くいるのではないでしょうか?

 

 

もしあなたがビットコインで利益を出していた場合、初めてであれば『仮想通貨も確定申告する必要があるの?』と思っているのでは?

 

また、もし確定申告しなかったら会社とかにバレてしまうのでしょうか?

 

そこで、ビットコインで利益を出した人は確定申告する必要があるのか?』『もし申告しなかった場合バレてしまうの?』、そういった疑問点を今回はご紹介していきたいと思います!

 

それでは、早速本題へ入っていきましょう!

 

 

ビットコインの取引で利益が出たら税金はかかる?

 

 

今では、誰もが知っているであろう『ビットコイン』。

 

昨年は、ビットコインの価値が一気に上昇して儲けたという人も多いのではないでしょうか?

 

その場合、ビットコインなどの仮想通貨の取引で出た利益というのは『雑所得』という部類として扱われ、所得税を納める必要があります。

 

そのため、仮想通貨でも確定申告をする必要があるわけなんです!

 

もしも、そのまま確定申告をせずに税金を納めなければ、『延滞税・無申告加算税 』といった、行政上の罰則が適用されます。

 

最悪の場合、所得の悪質な偽装となれば、『10年以上の懲役もしくは1,000万円以下の罰金』の刑事罰が適用されることがあります。

 

なので、ビットコインなどの仮想通貨で儲けた人は、ちゃんと確定申告をして税金を納めなければ大変なことになるので注意が必要です!

 

 

ビットコインで利益が出ていても確定申告の適用になれない人もいる

 

まず、ビットコインなどの仮想通貨で取引をされている人が注目すべきことは、『20万円以上の利益』が出ているのかどうかです。

 

年間の利益が20万円を上回っていなければ、確定申告の必要がないという例外があります。

 

表現としてあれですが、年間の利益が20万円を超えていなければ、確定申告をしなくても会社や税務署にバレることはありません。

 

 

どのタイミングで課税対象となるのか?

 

 

これは重要なので、きちんと理解するように抑えておきましょう!

 

例えば、ビットコインなどの仮想通貨の取引の中で課税対象となるのは

  • 円に戻した
  • 仮想通貨から他の仮想通貨とトレードした
  • 仮想通貨で商品を購入した

といったもの。

 

仮想通貨をやったばかりのビットコインとかをやっている人であれば、だいたいこの3つが課税対象になるのかなと思います。

 

ここで注意しておきたいのは、『円に戻さなければ課税対象にはならない』というわけではないので、知らなかった人は勘違いしないようにして下さいね!

 

またその他に課税対象となるのは、

  • マイニングで得たビットコインなどの仮想通貨を円に戻した
  • ブロックチェーンが分岐し新規コインが無償で付与され、それを使用、または円に戻す

 

そういったものも、仮想通貨の課税対象となります。

 

 

まとめ

 

今回は、『ビットコインも確定申告しないとバレる?仮想通貨の豆知識』を題材にして紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

ビットコインなどの仮想通貨の取引で出た利益は『雑所得』として、所得税を納める必要があるというのはお分かりいただけたかと思います。

 

言ってしまえば、ビットコインのような仮想通貨で年間20万円を利益を得た人は、確定申告をして税金を納める必要があるというです。

 

20万円以上の利益を得ていて確定申告をしなければ会社や税務署にバレるどころか、『延滞税・無申告加算税 』という行政上の罰則が適用されるので、時間に余裕をもって税務署へ訪れ申告するようにしましょう!

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。