小栗了の年収(収入)や現在の職業は?転職した理由とは?経歴も

 

こんにちは、Ruiです!

 

俳優の小栗旬さんの兄である小栗了さんをご存知でしょうか?

 

実は、兄の小栗了さんも以前は俳優として活動をされていたようですね。

 

そこで今回は、『小栗了の年収(収入)や現在の職業は?転職した理由とは?経歴も』と題して、俳優から転職した理由から現在の職業、そして年収についても調査してまとめていきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

 

小栗了のプロフィールと経歴

 

画像引用元:https://gqjapan.jp/life/business/20150713/my-player-coach-age-vol12

名前:小栗 了(おぐり りょう)
生年月日:1976年9月5日
出身地:東京都
血液型:O型
身長:183cm
体重:62kg
最終学歴:アメリカの大学

 

高校を卒業後、小栗了さんは映画監督を目指すために1995年にアメリカへ渡り、2001年に俳優として活動をするために帰国します。

 

なぜ俳優を目指すことにしたか言うと、アメリカの大学で在学中、映画の撮影よりも演じる楽しさを知り、日本で芝居をやってみたい気持ちが出てきたんだそうです。

 

帰国した後は、蜷川幸雄さんの舞台やスティーヴン・セガール主演の映画などに出演を果たし、俳優として活躍していました。

 

しかし、2006年に小栗了さんは俳優を引退し、その後は舞台演出などの活動するようになります。

 

後ほど、小栗了さんの現在の職業について紹介していきます。

 

 

小栗了が転職した理由とは?

 

なぜ、小栗了さん俳優を引退し、転職することを決めたのでしょうか。

 

転職した理由について明確に語られているものが見当たらなかったのですが、小栗了さんが蜷川幸雄さん演出の舞台『間違いの喜劇』(ウィリアム・シェイクスピア)に出演した時、今でも忘れられないことがあったのだそうです。

 

内容は、その舞台の稽古の中で主演がインフルエンザにかかってしまい、3日間ほど代役を立てて稽古することになったようなのですが、その時に代役として小栗了さんが指名されたとのこと。

 

突然指名された小栗了さんは、主演のセリフを覚えていないことから慌ててしまい、結局2日目で毎日見学をしていた若い俳優さんと交代することになりました。

 

すると、その若い俳優さんは主演のセリフを覚えており、あとから聞いた話よると、いつ何があってもいいように主演だけではなく他の出演者全員のセリフを覚えていたんだそうです。

 

毎日見学していた若い俳優さんは、舞台に出られるか分からない状況の中で出演者全員のセリフの準備してしっかりと覚えてきた姿に、そこで小栗了さんが『負けた』と感じてしまった言います。

 

それは、自分の甘さと努力不足を突き詰められた瞬間だと言い、小栗了さんにとってその時の出来事は今でも忘れられないようです。

 

あくまでも推測ですが、もしかしたら小栗了さんは、俳優という職業をこのまま活動したとしても他の俳優さんたちの上に立つことが難しいという理由から、他の職業で活動しようと思ったのかもしれません。

 

その当時の忘れられない出来事を語った後に小栗了さんは、チャンスを掴むための準備や努力を常にしておくことの大切さを俳優時代に学んだと言っています。

 

次の項目で、小栗了さんの現在の職業について見ていきましょう!

 

 

小栗了の現在の職業は?

 

2006年の俳優を引退した年に、小栗了さんはオペラ制作会社のアートクリエーションに入社しました。

 

このアートクリエーションは、小栗了さんの父親(小栗哲家さん)が経営している会社なんだそうです。

 

2007年に、同社からスピンアウトする形で設立されたイベント制作会社NACの代表取締役に就任し、小栗了さんの現在の職業となっています。

 

小栗了さんが代表を務めるNACという会社では、企業のイベントのプロデュースや舞台の制作、そして劇場管理などを手掛けています。

 

代表に就任してすぐに『シルク・ドゥ・ソレイユ』に携わり、最近だと巌流島という格闘技のイベントにも手掛けていたようです。

 

 

また、2018年3月には、プロ野球のロッテ開幕戦のセレモニーの演出に携わっています。

 

 

俳優から転職した小栗了さんは現在、制作会社を経営をする舞台演出家として新たな道を切り開き活躍をしています。

 

 

小栗了の年収(収入)はいくら?

 

ところで、小栗了さんの年収は、一体どのくらいなのでしょうか?

 

現在、舞台演出家としてNACの代表取締役を務めているので、相当な収入を得ていることだと思います。

 

実際にオープンに公表していないので細かいところまでは分かりませんが、イベント会社の一般社員の場合で平均年収が500万円~700万円くらいのようです。

 

そう考えると、役員であれば軽く1,000万円は超えるでしょうから、取締役を務める小栗了さんであれば2,000万円くらいの年収を貰っているかもしれませんね!

 

 

まとめ

 

今回は、『小栗了の年収(収入)や現在の職業は?転職した理由とは?経歴も』と題して、俳優から転職した理由から現在の職業、そして年収についてまとめて紹介させて頂きました!

 

小栗了さんにとって俳優から舞台演出家へ転職したことは非常にプラスだったんだろうなと思いました。

 

また、俳優時代に学んだことも活かし、現在の活躍に繋がっているのだと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます!

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。