映画

お正月映画2018!おすすめの作品を3選紹介!【邦画・洋画】

更新日:

 

こんにちは、Ruiです!

 

2018年のお正月から早速公開される魅力的な映画が控えています。

 

お正月は家でゆっくりとこたつでみかんを食べながらテレビを見るのもいいですが、まったり過ぎすことに飽きたら散歩がてらに映画館へ足を運んでみるのもいいと思いますよ!

 

そこで今回は、邦画・洋画を交えたおすすめのお正月映画を3作品紹介していきたいと思います!

 

 

 

2018お正月映画のおすすめの作品3選【邦画・洋画】

1.『嘘八百』

【映画作品名】
嘘八百

【公開日】
2018年1月5日(金)

【監督】
武正晴

【キャスト】
中井貴一、佐々木蔵之介、友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣

 

千利休を生んだ茶の湯の聖地である大阪の堺市。

 

古物商を営む則夫と偶然知り合った陶芸家の佐輔は、贋作の茶器を売りつけられた骨董店店主と大御所鑑定士に仕返しすべく、幻の利休の茶器をでっち上げての一発逆転の大勝負に出ます。

 

ところが、事態は次第に家族や文化庁までも巻き込む騒動に発展しています・・・。

 

2.『ブリムストーン』

【映画作品名】
ブリムストーン

【公開】
2018年1月6日(土)

【原題】
Brimstone

【監督】
マルティン・コールホーベン

【キャスト】
ダコタ・ファニング、ガイ・ピアース、エミリア・ジョーンズ、カリス・ファン・ハウテン、キット・ハリントン

 

19世紀のアメリカ西部開拓の頃、小さな村で年の離れた夫と2人の子どもたちと暮らすリズは、助産師として働きながら幸せな日々を過ごしていました。

 

しかし、リズはある事情から言葉を話すことが出来ず、手話を用いてコミュニケーションを取ります。

 

ある日、素性は知れませんが鋼のような肉体と信仰心を持った牧師がリズの住む村へとやって来ます。

 

その牧師によって、リズの人生が大きく変わってしまいます。

 

牧師はリズに「汝の罪を罰しなければならない」と告げられ、彼女の脳裏にフラッシュバックとして秘密の過去をよみがえらせます。

 

そして、リズは家族に危険が迫っていることを伝えましたが・・・。

 

3.『キングスマン:ゴールデン・サークル』

【映画作品名】
キングスマン:ゴールデン・サークル

【公開】
2018年(イギリス映画)

【原題】
Kingsman: The Golden Circle

【監督】
マシュー・ボーン

【キャスト】
コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ハル・ベリー、エルトン・ジョン、チャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ソフィー・クックソン、ペドロ・パスカル、エドワード・ホルクロフト

 

ご存知の方も多いと思いますが、2015年9月に劇場公開され、スーツ姿で活動する英国スパイの活躍を描き大ヒット作となった『キングスマン』の続編作品です。

 

大富豪ヴァレンタインとの激戦から地球を救ってから1年が経ち、エグジーの元に元候補生だったチャーリーが現れます。

 

激しい攻撃を受けながらも何とか回避。

 

その直後、イギリスのスパイ機関キングスマンが、謎の組織ゴールデン・サークルにより壊滅してしまいます。

 

辛くも逃げ延びたエージェントのエグジーとマーリン教官はキングスマン再興を目指し、同盟を結ぶスパイ機関ステイツマンの協力を仰ぐべく、アメリカへと向かいます。

 

しかし、英国文化の強い『キングスマン』とアメリカンな『ステイツマン』。

 

文化の違いに戸惑いながらも『ゴールデン・サークル』の陰謀を阻止すべく立ち向かいます。

 

 

まとめ

 

今回は、『お正月映画2018!おすすめの作品を3選紹介!【邦画・洋画】』について紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

普段は忙しくて映画が観る時間が無いという方も注目の映画が目白押しのお正月映画を観に、ちょっと映画館へ足を運んでみるのもいいかもしれませんよ!

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

次回の記事も楽しみに待っていて下さいね!

 

Rui。

-映画

Copyright© Ruiブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.