こんにちは、Ruiです!

 

ジブリ映画『火垂るの墓』や『平成狸合戦ぽんぽこ』など、数多くの監督を務め名作映画を残してきた高畑勲さんが、4月5日に東京都内の病院で亡くなったという悲しいニュースが入ってきました。

 

高畑勲さんは日本アニメーション界の巨匠でもあり、多くの感動を与えて下さった方なので、非常に残念な気持ちでいっぱいです。

 

スポンサーリンク

 

高畑勲さんのプロフィール

 

名前:高畑 勲(たかはた いさお)
別名義:武元 哲(たけもと てつ)
愛称:パクさん

生年月日:1935年10月29日
出身地:三重県伊勢市
学歴:東京大学 卒業
職業:映画監督、プロデューサー、アニメーション演出家
所属:スタジオジブリ

 

高畑勲さんは、東京大学を卒業後の1959年に入社し、東映アニメーション(旧・東映動画)で、高畑さんと並ぶ日本アニメーションの巨匠の宮崎駿さんと出会いました。

 

1970年代には、テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』『赤毛のアン』を手掛け、1985年に宮崎駿さんらと『スタジオジブリ』を設立します。

 

その後、高畑勲さんは、『火垂るの墓』『ホーホケキョ となりの山田くん』『平成狸合戦ぽんぽこ』などの名作映画を次々と生み出しました。

 

高畑勲さんの人気は世界まで広がり、2015年にはフランス芸術文化勲章のオフィシエを受章されています。

 

 

高畑勲さんは心臓病が死因だった?

 

高畑勲さんの突然に訃報を聞いて、多くの方が驚き、そしてとても悲しんていることかと思います。

 

実は、高畑勲さんは昨年の夏ごろから体調を崩されて、その後は入退院を繰り返していたんだそうです。

 

体調を崩された原因はというと、高畑勲さんは心臓が悪かったという情報があります。

 

報道によると、昨年の11月に、別の関係者が高畑勲さんと会った時には、以前よりも痩せていて、歩く時には体を支えられていたようで、元気のない姿は全く別人のようだったとのことです。

 

今のところ高畑勲さんの死因については公表されていないのですが、心臓が悪く慢性的な疾患を患っていたようなので、おそらく『心臓病』だったのではないでしょうか。

 

高畑勲さんの死因が分かりましたら、追記させて頂きます。

 

 

ファンからは悲しい声が続出

 

突然の高畑勲さんの訃報を聞いて、ネット上ではファンから悲しい声が相次いでいます。

 

  • 本当にショックでなりません。またひとつの時代が終わりました。たくさんの素晴らしい作品をありがとうございました。どうぞ安らかに。
  • 巨星墜つ…
    数多くの素敵な作品を世に送り出していただき、ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。
  • 昔から高畑監督の映画にたくさん育てられました。本当に悲しいですがこれからも高畑監督の作品を見させてもらいます。作品を見るたびに監督の事を思い出します。大好きです。ご冥福をお祈りします。
  • 宮崎駿監督の盟友が旅立ってしまった。
    アニメ業界にとってこれほど大きな損失はないですね。
    ホントに残念でなりませんが、素晴らしい作品の数々ありがとうございました。ご冥福をお祈りしたします。
  • 小学生の時に見た火垂るの墓は怖かったです。今でもその衝撃は忘れられません。今となって火垂るの墓が何を私たちに伝えたいのかわかります。
    私はジブリを見て育ちました。
    沢山の笑いや感動をありがとうございました。
    今の若い子たちにも沢山見てほしいです。
    御冥福をお祈りします。ゆっくり休んでください。

 

 

まとめ

 

僕も小さい頃から、高畑勲さんの映画を見て育ってきたので、訃報を聞いた時は本当に驚きましたし、何より悲しい気持ちが物凄く溢れてきました。

 

本当にとても悲しいですが、今まで数多くの素敵な作品を世に送り出して頂いた高畑勲さんに感謝を伝えたいです。
ありがとうございました。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

Rui。