新元号を予想!画数は1文字15画の上限?有力な漢字はコレだ!

 

こんにちは、Ruiです!

 

2019年4月30日に天皇陛下が退位することが決定し、5月1日から皇太子さまが新天皇に即位されるということで国民の注目は集まっています。

 

それに伴い、現在の『平成』から新たな元号へと変わるので、新元号はどんな漢字が使われるのか気になる方も多いはず!

 

そこで今回は、新元号に使われそうな有力な漢字の予想してみました!

 

題して、『新元号を予想!画数は1文字15画の上限?有力な漢字はコレだ!』

 

それでは、早速本題へ入っていきましょう!

 

 

 

新元号を決める6つのルールとは?

 

新元号を決めるにあたって、

当然ながら好き勝手に漢字を組み合わせいいというわけではありません。

 

法的な基準はありませんが、『元号選定手続き』と呼ばれている6つのルールを考慮した上で新元号を決めるようになっています。

 

そのルールと言うのがこちらです。

 

1.国民の理想として、ふさわしい意味を持つ

2.漢字は2字

3.書きやすい、

4.読みやすい

5.これまでに元号やおくり名として用いられていない

6.俗用されていない

 

と、なっています。

 

また、平成の“H”・昭和の“S”・大正の“T”・明治の“M”といった、頭文字のアルファベットと同じになってはいけないという制約もあります。

 

それは、各種申請書などを考慮したものとなっています。

 

 

新元号は1文字15画上限の少ない画数に

 

新たな元号は、画数をできるだけ少なくし、国民に馴染みやすい漢字を用いる方針にするとのことです。

 

漢字1文字に対する画数は15文字の上限にした理由は、国民の『元号離れ』を防ぐ狙いがあるそうです。

 

そして先ほどご紹介した6つのルールを考慮した上で、1文字15画を上限として、出来る限り画数の少ない漢字を選ぶ方針だそうです。

 

 

新元号を予想する有力な漢字は?

 

 

やはり国民たちも新元号に関心があるようで、ネットで調べてみるとたくさんの案が出ていたので紹介したいと思います!

 

  • 安仁
  • 安久
  • 安長
  • 安廷
  • 安化
  • 享安
  • 健安
  • 永光
  • 建和
  • 文弘
  • 弘永
  • 永明

などなど、一部ではありますが様々な新元号が予想されています。

 

予想で使われている漢字は『安』が一番多いようですね!

 

続いて二番目に多く使われていた漢字は、『永』となっていました。

 

偶然にもどちらも1文字の画数が15文字以下ですし、それに馴染みやすくて書きやすいですもんね!

 

『安』と『永』を組み合わせて『安永』という新元号もひょっとしたら可能性としてあり得るかもしれません。

 

あくまでも勝手な予想ですが個人的には『安』と『永』の漢字が有力だと思います。

 

 

まとめ

 

今回は、『新元号を予想!画数は1文字15画の上限?有力な漢字はコレだ!』についてまとめみましたがいかがだったでしょうか?

 

新元号は最終的に3案に絞り込んだ上で、有識者や衆参両議長らの意見を踏まえて決定し、2018年中に事前公表する見通しだと言われています。

 

なので、今年中にはある程度の新元号が分かると思うので、早く公表されるのが待ち遠しいです!

 

どんな元号になるのか期待して待ちたいと思います!

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。

1 個のコメント

  • 「永明」は絶対にあり得ない。」何故ならば」中国語で「永眠」と同じだからである。
    このような元号を選択したらシナ人に馬鹿にされること必至。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。