【悲報】天皇誕生日が2019年から祝日が消える!なぜだ?

こんにちは、Ruiです!

 

皆さん、12月23日は何の日かご存知ですよね?

 

そう、12月23日は天皇陛下の誕生日です。

 

これまで長く国民の『祝日』として親しまれてきた天皇誕生日ですが、2019年はなんと『天皇誕生日が祝日ではない』とのこと。

 

『え?何で祝日じゃないの?』と思う方も多いと思うので、今回はそのことについて記事を書いていきたいと思います。

 

それでは、早速本題へ入っていきましょう!

 

 

【悲報】天皇誕生日が2019年から祝日が消える!なぜだ?

 

 

2月1日に国立天文台が、2019年の祝日を発表。

 

そこでなんと、これまで12月23日が天皇誕生日で祝日だったのが2019年は含まれていませんでした。

 

今回のケースは祝日法が施工された1948年以来、初めてのようなんですが、一体なぜ2019年では天皇誕生日が祝日はないのでしょうか?

 

その理由は、現在の天皇陛下の退位日と、新たに天皇に即位する皇太子さまの誕生日に関係しているからです。

 

ご存知の通り、生前退位によって来年の2019年4月30日に天皇陛下が退位し、そして皇太子さまが翌日の5月1日に新たな天皇として即位されることが決まっています。

 

そして、皇太子さまの誕生日は2月23日です。

 

つまり、皇太子さまが即位される時には、既に誕生日が過ぎているわけなんです。

 

そういった理由があるので、2019年は天皇誕生日が祝日から外されたということです。

 

2020年以降は、2月23日が天皇誕生日として祝日になる見通しだそうですよ!

 

 

今後も12月23日は祝日じゃないの?

 

明治天皇と昭和天皇の誕生日は、それぞれ崩御後に4月29日は『みどりの日(昭和の日)』、11月3日は『文化の日』として祝日となっています。

 

この流れからすると、これまで天皇誕生日だった12月23日も祝日になると予想されますよね?

 

しかし、政府によると2019年以降の当面の間は、12月23日は祝日とはせずに、現段階では平日とする見込みなんだそうです。

 

ただ、過去の会見で菅官房長官が、『皇位継承後の12月23日を平日にするのか、それとも新たな国民の祝日とするのか』について、国民各層の幅広い議論が必要だと語っていました。

 

なので、2019年の天皇誕生日が祝日ではなくなったということで世間がどう反応するのかを見ながら今後判断するのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

今回は、『【悲報】天皇誕生日が2019年から祝日が消える!なぜだ?』について、まとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

個人的にも2019年の12月23日は祝日になるのか、それとも平日になるのか気になっていましたが、残念ながら祝日ではありませんでした。

 

当面の間は平日になる見通しだそうですが、『いずれ祝日になって欲しいな~』と思います(笑)

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。