ロナウドが移籍でレアルの背番号7は誰に?移籍金や契約も!

スポンサーリンク







 

こんにちは、Ruiです!

 

ポルトガル代表でFWのクリスティアーノ・ロナウド選手のレアル・マドリードの退団説が強まっていると報じられ、今年の夏にもセリエA7連続の強豪チームである、ユヴェントスへ移籍するのではないかと注目されていました。

 

そしてついに、レアルマドリードが7月10日にロナウド選手がユヴェントスへ移籍すると発表されました。

 

ロナウド選手がユヴェントスへ移籍することが決まったことで気になる事が1つ。

 

今までレアルで活躍してきたロナウド選手が背負った背番号7番は次にどの選手に渡されるのでしょうか?

 

そこで今回は、『ロナウドが移籍でレアルの背番号7は誰に?移籍金や契約も!』と題して、移籍金やユヴェントスとの契約年数、そしてロナウド選手が移籍することが決まってレアルの背番号7番はどうなるのかまで追求して調査していきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク

ロナウドの移籍金の金額とユヴェントスの契約年数は?

 

 

セリエA7連続の強豪チーム、ユヴェントスへ移籍することになったクリスティアーノ・ロナウド選手。

 

ユヴェントスがロナウド選手を獲得したことで、移籍金とチームの契約が気になる方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、移籍金とチームの契約は何年なのか調べてみたところ、移籍金は1億ユーロということで、日本円してなんと約130億円ということが分かりました。

 

さすが大活躍してきたロナウド選手だけあって、移籍金だけで130億円って凄いですよね。

 

そして、ユヴェントスとの契約は4年ということで、2022年6月30日までロナウド選手と契約を結んだとのことです。

 

新たに、ユヴェントスへ活躍の場を移すことになったロナウド選手に注目ですね。

 

 

ロナウドが移籍でレアルの背番号7番は誰に?

 

 

2009年にレアルマドリードに入団してから9シーズン在籍し、背番号7番を背負って大活躍を見せてきたロナウド選手。

 

レアルの背番号7番は、過去にラウール・ゴンサレス選手が背負うなど、レアルにとって背番号7は象徴的な番号になっています。

 

ロナウド選手がレアルを退団することが決まったことで空いてしまう背番号7番は、一体どの選手に渡されるのでしょうか?

 

アメリカのスポーツ週刊誌『Sports Illustrated(スポーツ・イラストレイテッド)』によると、すでに背番号7番の後継者は決まっているようて、レアルがロナウド選手が今まで背負ってきた背番号7番を手渡したいと考えている選手というのが、ロシアW杯で日本代表と戦ったベルギー代表のMFエデン・アザール選手だそうです。

 


出典:https://spread-sports.jp/archives/6194

 

果たして、本当にエデン・アザール選手が次にレアルの背番号7番を背負うことになるのでしょうか。

 

背番号7番はレアルにおける象徴的な番号なので、後継者が確定するまで注目が集まりそうですね。

 

 

まとめ

 

今回は、『ロナウドが移籍でレアルの背番号7は誰に?移籍金や契約も!』と題して、移籍金やユヴェントスとの契約年数、そしてロナウド選手が移籍することが決まってレアルの背番号7番はどうなるのかについてまとめて紹介させて頂きました。

 

レアルに9シーズン在籍したロナウド選手は、438試合出場して451得点の記録を叩き出し、チームに大きな貢献を果たしてきました。

 

ユヴェントスへ活躍の場を移すことになったロナウド選手がレアル以上に活躍を見せてくれるのを期待したいですね!

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。