佐々木大輔(スキーベースジャンプ)の事故・怪我に驚愕!結婚した妻も

 

こんにちは、Ruiです。

 

スキーベースジャンプとして活躍する佐々木大輔さんはご存知でしょうか?

 

2018年3月4日に放送されるフジテレビ系『ジャンクSPORTS』に、佐々木大輔さんがゲスト出演されるということなので、今回は佐々木さんについて紹介していきたいと思います。

 

題して、『佐々木大輔(スキーベースジャンプ)の事故・怪我に驚愕!結婚した妻も』

 

それでは、早速本題へ入っていきましょう!

 

 

佐々木大輔(スキーベースジャンプ)のプロフィールと経歴

 

名前:佐々木大輔(ささき だいすけ)
生年月日:1977年1月31日
出身地:青森県十和田市

 

雪国の青森県で育った佐々木大輔さんは、父親の影響で幼いころからからスキーにやり始め慣れ親しんでいました。

 

高校を卒業した後はカナダへと移り、現地ガイドとして旅行会社に勤めていたようです。

 

カナダでもスキーをやっていた佐々木大輔さんは、スキーベースジャンプやフリースキーの第一人者であるシェーン・マッコンキーさんのパフォーマンスに物凄く影響を受けて、スキージャンプの世界へと入りました。

 

ビックマウンテンスキーの大会に出場したり、またアラスカで開催された大会では、なんと日本人初の優勝を果たすなど、素晴らしい結果を残しています。

 

現在も、日本人スキージャンプの第一人者として佐々木大輔さんは挑戦し続けています!

 

 

佐々木大輔(スキーベースジャンプ)の事故・怪我に驚愕!

 

スキーベースジャンプは、飛行機から飛び降りるようなスカイダイビングとは違い、ビルや崖、橋などから飛び降りるスポーツになっています。

 

なので、スカイダイビングのように高い上空からではないので、パラシュートが開くまでに時間の余裕がなかったり、また崖の表面に激突するおそれがあるので、スキーベースジャンプというスポーツは常に事故と怪我の隣り合わせなのです。

 

実際にスカイダイビングよりもスキーベースジャンプの方が圧倒的に危険のようで、毎年と言っていいほど命を落としてしまうような大きな事故が起きているとのことです。

 

そんな危険とも言えるスポーツですが、過去に佐々木大輔さんも大きな怪我を負ってしまいました。

 

それは、2004年のワールドツアーの試合中に事故に遭ってしまい、背骨・腰骨・膝といった11箇所を骨折。

 

そこで大きな怪我をしたにもかかわらず、佐々木大輔さんはスキーベースジャンプに対して怖いと思わなかったようです。

 

その事故と怪我の経験から、現在では本当の意味でのスキーの歓びや感動、自然の素晴らしさを伝える活動をされています。

 

 

佐々木大輔の結婚した妻はどんな人?

 

佐々木大輔さんはご結婚されていて妻がいます。

 

妻の名前は『まなみ』さんで、活動を記録するカメラマンとして、佐々木大輔さんとともに行動しているようです。

 

やはり、妻としては夫の佐々木大輔さんがスキージャンプで事故や怪我がなく無事に終わるまでの間は『早く終わって欲しい』と常に心の名で叫んでいるようです。

 

そりゃあ、妻としてはとても心配になりますよね。

 

ただ、佐々木大輔さんがスキーベースジャンプを辞めて欲しいとは思わないようで、妻のまなみさんは毎回『この人との時間はこれか最後』と思って撮影に臨んでいるとのことです。

 

佐々木大輔さんの妻は、とても強く凄い方だなと感じさせられます。

 

 

まとめ

 

今回は、『佐々木大輔(スキーベースジャンプ)の事故・怪我に驚愕!結婚した妻も』についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

 

スキーベースジャンプは、日本ではあまり馴染みがないですが、世界で見てみても競技人口は数十名しかいないようです。

 

やはり、それだけ危険なスポーツだと言えるので、なかなか競技人口が増えないのだと思わます。

 

今も挑戦し続ける佐々木大輔さんですが、くれぐれも事故や怪我に十分に気を付けて頂きたいなと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます!

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。