話題のニュース

遅いんじゃない?アイリスオーヤマもマスク作りはじめたよ

投稿日:

生活用品を企画・販売する「アイリスオーヤマ」は5月20日、マスクの国内生産に向けて宮城県の角田工場に生産設備を搬入したと発表。

ネット上では期待の声が集まっています。

30億円の設備投資

同社によれば、角田工場には約30億円の設備投資をしているとのこと。

新たに100人を雇用、7月には月産1億5000万枚を目指すということです。

アイリスオーヤマはこれまでも、中国の大連工場や蘇州工場で月8000万枚のマスクを製造していました。

現地の資材価格が高騰しているため日本国内での製造を決めたということです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

同社の大山晃弘社長は「安心して使える製品を届けたい」と語っています。

マスク不足は解消されつつあるが…

マスクは長く品薄の状態が続いていましたが、4月末頃から東京の新大久保や埼玉の西川口などの路上でマスクが大量に販売されているとの目撃情報が相次ぎました。

5月に入ると3500円で売られていた50枚入りマスクが2000円前後まで値崩れを起こしています。

現在では気軽にマスクが買える状況となりつつあるようです。

国内産はまだまだ発売されていません。

https://platform.twitter.com/widgets.js

それなのになぜアイリスオーヤマの国産マスクに期待が寄せられているのでしょうか。

輸入マスクに対する不信感

「今、国内で大量に流通しているのは路上や雑貨店などで販売された中国産の輸入マスクで、国産マスクは相変わらず不足しており、ドラッグストアやスーパーでも売り切れ状態が続いています。しかも、中国産マスクの中には品質に疑問を持たざるを得ないものもあり、そうしたイメージから値崩れを起こしている状況。そこで、アイリスオーヤマが中国工場から機材を運搬して国内でマスクを生産すると発表したことに注目が集まっているわけです」(経済ジャーナリスト)

国産マスクといえば、シャープも三重工場で生産を急いでいます。

それでも、購入にはいまだ当選率1%未満という凄まじい人気ぶり。

アイリスオーヤマも加わることにより、安定した供給を期待したいところです。

ネットの反応

「確かに国内マスクはまだまだ不足気味…アイリスオーヤマはグッジョブだね」

「マスクが手に入りやすくなっても国産マスクが欲しいって声のほうが高いからね。シャープやアイリスオーヤマには期待してる。」

「国産マスクが安定供給されたらこれほど心強いものはないよ。第2波とか冬に向けてマスク需要は高まるからね。」

-話題のニュース
-, ,

Copyright© Ruiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.