こんにちは、Ruiです!

 

今、ネット上で『AYA世代』という言葉が話題になっています。

 

僕も含めて『AYA世代って何?』と思われている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、『AYA世代の頭文字と意味は?若いがん患者の不安や苦悩とは?』と題して、AYA世代の頭文字からその意味、そしてがんを患う若い人たちの不安や苦悩をまとめて紹介していきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

『AYA世代』の頭文字と意味は?

 

皆さんは、『AYA世代』がどういう意味なのかご存知ですか?

 

正直、僕も『AYA世代』がどういう意味なのか知らなかったので調べてみたのですが、『Adolescentand Young Adult』の頭文字から作られた言葉で、10代後半から30代の思春期・若年成人を指すんだそうです。

 

一般的に15歳未満の子供ががんを発症する時は『小児がん』と言いますが、15歳から30代までの若い人たちの場合は『AYA世代』と言うようですね。

 

今、AYA世代のがん患者の専門家が少なく、特に日本では未だAYA世代に発症するがんの現状が正確に把握されていないようですが、2万人以上がいると推計されています。

 

このAYA世代のがん患者をどう支援するかが、現在の大きな課題になっているとのことです。

 

 

若いがん患者の不安や苦悩とは?

 

 

小児期と成人期の間にあたるAYA世代の患者は、さまざまな不安や苦悩を抱えています。

 

例えば、病気の治療が生殖機能に及ぼす影響や晩期合併症、通勤や通学に及ぼす影響、思春期という多感な時期に病気に罹患することによるさまざまな精神的ストレス、将来への不安などです。

 

詳しく見て行くと、『精神的なストレス』では病気や治療への不安、入院のストレス、治療の副作用によるストレス、外見の変化による脱毛や色素沈着などに伴うストレスが精神的に大きなストレスとなり不安へとつながります。

 

また、学校の問題や友人との関係、さらに仕事などのよる問題から経済的な負担など、AYA世代ならではの苦悩があります。

 

現在、国内ではAYA世代のがん患者の専門家が少ない中で患者さんの不安や苦悩による心のケアなどにも精神的に取り組んでいるようですが、もっと一人一人に向き合える環境を作るにはどうすればいいのか、これから考えなければならないと思います。

 

 

まとめ

 

今回は、『AYA世代の頭文字と意味は?若いがん患者の不安や苦悩とは?』と題して、AYA世代の頭文字からその意味、そしてがんを患う若い人たちの不安や苦悩をまとめて紹介させて頂きました。

 

これまで『まだ若いから体のことは気にしなくていいや』と思っていましたが、AYA世代を調べていく中で、若いとか関係なく定期的に検査とかを受けることが非常に大切だなと思いました。

 

がんの種別で見てみると、1位は20未満で白血病、20代では肺細胞腫瘍・性腺腫瘍、30代では女性の乳がんとなっていて、特に30代未満ではリンパ腫も多いとのことです。

 

いつまでも健康でいられるように、皆さんも定期的に検査を受けるようにしましょう!

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。