こんにちは、Ruiです!

 

4月4日に、大相撲の春巡業が京都府鶴見市で行われ、土俵上で多々見良三市長があいさつをしている最中に突然倒れたところを、女性が緊急処置しました。

 

心臓マッサージなどの処置を施している女性に対して、若手行司が『女性は土俵を降りて下さい』という場内アナウンスを流し、人命にかかわることにも関わらず、このようなアナウンスを流したことが問題となり、大きな話題になっています。

 

大相撲では、古くから『女人禁制』というのがあり、女性が土俵に上がることを禁じているとして、この慣例に従った形のようですが、このことによる批判が凄いようですね。

 

今回は、土俵上で倒れた市長を緊急処置した女性の名前などの身元、そして、場内アナウンスした男性は一体誰だったのか個人的に気になりましたので、この内容について記事にしていきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

土俵上で緊急処置していた時の様子

 

まずは、土俵上で女性が緊急処置をしている最中に、場内アナウンスで降りるように促したことで問題になっている、現場の様子の動画から見て確認してみたいと思います。

 

 

この動画を見てみると、どうやら女性は1人ではなく4人くらいの方が土俵上にいたように確認ができます。

 

市長が倒れてから一番最初に女性が土俵上に上がった訳ではなく、途中から女性が加わり救命している男性らに説明して心臓マッサージを施していることが分かりますね。

 

手際の良さから、医療に従事する医師か看護師ではないかと思われます。

 

その後に加わった女性の2人ほども、おそらく医療関係者だったと推測されますね。

 

動画からでも、場内アナウンスで『女性は土俵から降りて下さい』と促していることが確認できました。

 

誰がどう見ても、明らかに場内は緊急事態の場面だと分かる状況の中で、4人ほどの女性の方が市長の命を救おうと心臓マッサージなどで処置しているところで、土俵上から降りるようにアナウンスするのは適切ではなかったのではないでしょうか?

 

これは確かに問題になりますし、世間からの批判が多いのも分かりますよね。

 

この問題はニュースなどでも大きく取り上げられ、その後に相撲協会の八角理事長が『人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます』と謝罪しています。

 

 

土俵上で緊急処置した女性の名前は?

 

土俵上で心臓マッサージなどの処置を施していた女性は一体誰だったのでしょうか?

 

女性の身元を確認しようと色々と調査してみたのですが、現時点では緊急処置を施した女性の名前などを公表されていませんでした。

 

ですが、あの状況下で土俵に上がって手際よく心臓マッサージを施していることから医療関係者でほぼ間違いないのではないでしょうか!

 

ちなみに、市長は市内の病院に搬送され、現在は会話ができているようで、命に別条はないとのことです。

 

市長の命が救われたのも、緊急処置した女性らの『何とか命を救いたい!』という強い想いから、あの状況下でも勇気ある行動ができたのかなと思います。

 

そんな女性の方たちに称賛を送りたいです!

 

 

場内アナウンスした男性は誰だったのか?

 

ところで、あの緊急事態の時に『女性は土俵を降りて下さい』と場内アナウンスした男性は誰だったのでしょうか?

 

報道によると、場内アナウンスしたのは相撲協会の若手行司だったとのことです。

 

大相撲では、古くから『女人禁制』というのがあり、女性が土俵に上がることを禁じているとして、この慣例に従った形で若手行司はアナウンスを流したとのことですが、あの緊急事態では明らかに不適切な言葉ですよね。

 

マニュアル化された人間の判断というのは、何だか怖いものだなと感じてしまいました。

 

 

まとめ

 

今回は、土俵上で倒れた市長を緊急処置した女性の名前などの身元、そして、場内アナウンスした男性は一体誰だったのか、という内容をまとめて紹介させて頂きました。

 

大相撲では『女人禁制』というのが古くからあるようですが、ルールだからと言って、そのまま全ての状況下でマニュアル通りの行動や発言をすれば良いという訳でないですよね。

 

それが今回の場面で、如実に現れてしまったのではないでしょうか。

 

今回の件で『女人禁制』というのを、相撲協会は考え直してもらいたいなと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました!

 

Rui。