貴乃花親方が引退の真相と今後は?離婚や病気の噂も

今日は、貴乃花親方が引退の真相と今後離婚病気の噂についてまとめさせていただきました。

貴乃花親方がとうとう日本相撲協会を退職してしまったですが、ここに至るまでに一体何があったのでしょうか。

それでは早速、本題へ入っていきましょう

まずは貴乃花親方のプロフィールからどうぞ!ヾ(´▽`*;)ゝ”

貴乃花親方のプロフィール

現役時四股名:貴乃花光司(たかのはな こうじ) 本名花田光司(はなだ こうじ)

生年月日:1972年8月12日

出身:東京都杉並区

身長:185cm

体重:161kg (現役) 73kg 2016年)

所属部屋:藤島部屋→二子山部屋

得意技:突っ張り、右四つ、左四つ、寄り、上手投げ

最高位:第65代横綱

貴乃花親方の伯父は土俵の鬼と呼ばれた初代若乃花、父は大関貴ノ花、兄は三代目若乃花という大相撲一家に生まれ育ちました。

中学卒業と同時に入門、1989年夏場所での最年少幕下優勝、同年九州では17歳2か月で新十両に昇進しています。

十両は大相撲の世界では一人前とされる地位で、月給はおよそ100万円です!⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

翌年1990年夏場所で、17歳8か月の若さで新入幕、18歳9か月で大相撲史上最年少の金星を千代の富士から獲得、この取組をきっかけに千代の富士は引退しています。^^

1992年には19歳5か月の若さで幕内初優勝20歳で大関に昇進1994年九州場所後ついに横綱昇進、口上では力強く「謹んでお受けします。今後も不撓不屈の精神で、力士として相撲道に不惜身命を貫く所存でございます。」と述べました~。

当時の人気はすさまじく、兄の若乃花と共に若貴フィーバーを引き起こし大相撲のチケットはいつも完売状態でしたね~。(´ェ`*)ネー

2003年1月に引退するまでおよそ10年間、横綱として角界の頂点に君臨し、優勝回数22回という記録を残した平成の横綱でした~。

View this post on Instagram

さぞ無念でしょう、お疲れ様でした。 #貴乃花光司 #第65代横綱 #不撓不屈 #不惜身命 #貴乃花部屋

A post shared by yusuke ito (@tokyobabylonlife) on

引退後は一代年寄貴乃花として、貴乃花部屋を設立、後進の指導にあたり、現在まで貴ノ岩、貴景勝、貴源治、貴公俊という関取を育ててきました~。

貴乃花親方引退の真相と今後は?

9月25日、貴乃花親方が引退する旨の会見が開かれました。(゜ロ゜)ギョェ

突然のことでとても驚きましたねえ。

部屋をたたみ、日本相撲協会を去る決意をするまでに一体何があったのでしょうか~。


出典:https://www.j-cast.com/2018/10/07340613.html?p=all

2017年10月に鳥取県で貴乃花親方の弟子である貴ノ岩が当時の横綱日馬富士に暴行を受けるという事件が発生しました。

酒席に参加していた白鵬から説教を受けている最中に貴ノ岩がスマートフォンを操作していたことで、日馬富士の怒りを買い、日馬富士が貴ノ岩を殴打しました。

貴ノ岩はこの暴行で重傷を負い、翌九州場所を初日から休場しました。

診断書には「脳震とう、左前頭部裂傷、右外耳炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」という恐ろしい文言が並んでいました。ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ~

https://twitter.com/Pazu30467201/status/1034675847184039936

加害者側の日馬富士は九州場所に出場していましたが、貴ノ岩への暴行が発覚し、3日目から休場、その後暴行を認め、横綱としての責任を取り、けじめをつけて引退しています。(´Д`。)グスン

「貴ノ岩関にケガを負わせたことに対し、お詫びをさせていただきます。」

さらに「国民の皆様、相撲ファンの皆様に大変ご迷惑をお掛けしたことを心から深くおわび申し上げます。」

と述べ、角界を去りました。

暴行に至った原因として、「先輩の横綱として、礼儀と礼節がなっていない時にそれを教えるのが義務だと思っている。」と話しています。

貴乃花親方は、貴ノ岩への暴行事件を協会がもみ消そうとしていることに対して、

危機感を覚え、協会への不信感から度重なる協会の聞き取り調査を拒否、沈黙を貫く中で場所中であるにも関わらず出勤も怠り、鳥取県警に届け出をして

捜査を警察に任せるという姿勢を貫きました。

連日全く話さない貴乃花親方には当然だという意見がある一方で、一組織人として所属組織に協力しない姿勢に非難が集まりました。†ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

結局この貴ノ岩事件をきっかけに貴乃花親方と協会執行部の対立構造が明らかになりました。

日馬富士はのちにこの傷害事件で送検され、略式起訴のあと、2018年1月4日に罰金50万円の略式命令を受けています。

一方の貴乃花親方は、2017年12月28日、臨時理事会の協議の結果、協会の危機管理委員会の要請した日馬富士の暴行問題に関する協力を拒絶したことなどが問題視され、

さらに巡業部長として暴行事件の報告を協会に怠ったという判断の下、理事の忠実義務違反による解任決議が全会一致で可決、1月4日の臨時評議員会で理事を解雇されています。

暴行事件を起こし、悪いのは日馬富士なのに、貴乃花親方が理事を解任されるなんてどう考えてもおかしいですよね・・・(*゚0゚)ハッ

2月の理事選では貴乃花一門の求心力が低下、一門としては阿武松親方を理事候補として擁立することになりましたが、貴乃花親方も立候補、阿武松親方は当選しました貴乃花親方は落選しました・・・・

その後も協会に対する不信感がおさまらない貴乃花親方は、日馬富士の傷害事件において日本相撲協会の対応に問題があったとして、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出したことを明かしました。

しかし、大阪場所8日目の3月18日に新十両で、弟子の貴公俊が付け人の序二段貴西龍を殴打するという事件が発生しました。

暴行を批判していた貴乃花親方ですが、愛弟子の暴行事件を受けて、告発状の取り下げを明言、「一兵卒として精進する」と述べ、その代わりに貴公俊への寛大な処分をお願いしました~。

結局貴公俊は、1場所の出場停止に留まりました。†ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

貴乃花親方は一連の騒動の中で平年寄に降格、協会の理事であった貴乃花親方がわずか数か月で協会の序列83番目まで降格することになってしまったわけです。∑q|゚Д゚|pワオォ

それでも、貴乃花親方は降格後、配属された審判部で、粛々と職務をこなしていました。

しかし、協会幹部は騒動を大きくした貴乃花親方を許していませんでした!

7月に理事会で、「すべての親方はどこかの一門に属さなければならない」という決議を行ったのです。

貴乃花親方はそれまで率いていた貴乃花一門を離脱しており、さらに貴乃花一門も求心力が低下しており、離散状態になっていました。

さらに貴乃花親方は、2010年の理事選で、二所ノ関一門を飛び出しているため、そこに戻ることもできません、日馬富士暴行問題で敵対した伊勢ヶ濱一門、理事長のいる高砂一門にも入るわけにはいかないというまさに村八分の状態に陥ることになってしまったのです。(時津風、出羽海にも簡単には入れません) ・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!!

貴乃花親方は9月25日の会見の中で引退の理由についてこんな風に話しています。(要約)

「3月9日、貴ノ岩の受けた暴行事件に関して、内閣府に告発状を提出しましたが、協会側から8月に届いた書状では、告発状は事実無根であると結論つけられておりました。

私は事実無根ではないとしてきたが、認めないと親方を廃業せざるを得ないという有形無形の働きかけを受けてきました。

また一方で日本相撲協会は、全ての親方はいずれかの一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)に所属することになりました。

このままでは私はどの一門に所属することもできません。

一門に所属しない親方は部屋を持つことができません。

弟子のこともあり、このような状況において断腸の思いではありますが、(退職が)最善の道であると苦渋の決断をするに至りました。」

これはもうパワハラとしか言いようがありません。

協会は貴乃花親方が困るような決定をし、追い詰めていったということになりますね~。(´Д`。)グスン

貴乃花は弟子たちとの別れについては、「無念というか、悲しい気持ち」と述べ、「弟子ではなくなるが、師匠、お父さんは一生続く。

迷ったときは来てもらいたい」とも話していました。

引退会見の中で今後も「土俵には携わっていきたい」と述べ、大相撲に入門するような子供たちを育てていきたいといった旨の発言をしています。

今後の活動は、参院選への出馬を注目しています。

貴乃花親方離婚や病気の噂も

引退会見をする前の8月21日、貴乃花親方は秋田市内で開催中の夏巡業の稽古中、力士を指導している際に倒れ、救急車で搬送されています。(ー△ー;)エッ、マジ?!!!

「けいれんを発症して意識がない」とのことでしたが、救急車が到着する時には意識を取戻し、結局大事には至りませんでした。

しかし、この時既に貴乃花親方はかなり精神的に追い詰められていたといいます。

すべての親方はどこかの一門に属さなければならないという新たな取り決めを聞き、さらに告発状の内容を事実無根だと認めることを強いられ、精神的にかなり追いつめられていたと想像できます。

一部週刊誌では、この時の貴乃花親方は昼間から酒を飲み、精神的にもボロボロだったと言います。可哀そうですね・・・くすん ( ノω-、)

病気で引退するのではなく、協会のパワハラが原因で一時的に倒れたというのが正しいですね。

さらに引退したことで奥さんの景子さんとも離婚の危機だという噂も・・・(゜-Å) ホロリ

10月2日貴乃花部屋の所属力士や世話人、床山は新たな所属先となる千賀ノ浦部屋へと引っ越ししました。

その時には夫人の景子さんの姿もありました。

さらにその数日前には景子さんが主宰し、最後のお別れ会が開かれています。

弟子たちから感謝の言葉が述べられ、貴乃花親方とおかみさんである景子さんが涙ぐむ一幕もあったそうです。

後援会のHPにはその時の様子がこんな風に綴られています。

「女将さんが力士のみんなを集めて、お別れ会を催しました。ささやかなお別れ会ではありましたが、親方、そして、女将さんへ弟子達より溢れんばかりの感謝の言葉が送られました。

親方、女将さんも我が子のように育ててきたお弟子さん達を目の前に時折涙ぐむ一幕もあり、深い愛情を注られていた事を切に感じる一時でした」

景子さんは、相撲部屋とは別の所に居を構えていますので、たびたび離婚や不仲が囁かれますが、貴乃花親方との関係は良好です。

引退し、傷心の親方を助けてあげて欲しいですね。

しばらく貴乃花親方の収入はなくなると思いますので、景子さんの収入が家計を支えることになるのでしょうか。くすん ( ノω-、)

貴乃花親方には新たな道でも頑張って欲しいものです。

貴乃花親方引退のネット反応

 

 

 

いかがでしたか。今日は貴乃花親方についてまとめさせて頂きました。

最後までお付き合い頂きありがとうございました~。(*・∀-)☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。