こんにちは、Ruiです!

 

今年の2月に女子高生へのわいせつ容疑で警視庁から書類送検された、人気グループTOKIOのメンバーの山口達也さん。

 

4月25日に山口達也さんが書類送検されたと報じれたときは、ファンだけではなく多くの方が驚いたことかと思います。

 

報じられた翌日に山口達也さんが東京都内で謝罪会見を開き、そこで芸能活動を無期限で謹慎することを発表しました。

 

その後、山口達也さんはどう過ごしているのか注目されていましたが、4月28日に入院していることが分かり、現在は医師らが見守る中、病院で生活を送っているとのことです。

 

そこで今回は、『山口達也の入院先の場所は?理由はアルコール依存症で退院はいつ?』と題して、山口達也さんが再入院することになった理由はアルコール依存症だったからなのか、そして退院の時期はいつなのか、さらに入院先の場所まで調査してまとめていきたいと思います。

 

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

山口達也が再入院した理由はアルコール依存症?退院はいつ?

 

今年に2月に、番組で共演した女子高生を自宅に招き、そこで無理やりキスをしようとしたなどの行為から強制わいせつの疑いで警視庁から書類送検されていたことが明らかになった山口達也さん。

 

すでに、山口達也さんが所属するジャニーズ事務所と被害者女性との間で示談は成立し、被害届は取り下げられていると報じられています。

 

そして、4月26日に東京都内で謝罪会見を行った際に、山口達也さんが今年の1月15日くらいから入院していたことが分かりました。

 

入院することになった理由としては、『アルコール関係で、肝臓を悪くして』と山口達也さんがそのように話しています。

 

ただ、アルコール依存症の治療ではなく、肝臓の数値が高く、薬を飲んで治療をしていたとのこと。

 

医師からも入院を勧められ、肝臓を休めるために入院をしたいた訳ですが、退院した直後に記憶を無くすまでお酒を飲んでしまい、最終的には女子高生にキスなどの行為をしたとして強制わいせつの疑いで書類送検という形になってしまいました。

 

退院したその日に、記憶を無くすまでお酒を飲んでいたということは、仕事やプライベートなどで色々とストレスを抱えていたのかもしれませんね。

 

ちなみに、1ヶ月の入院から退院してきた当日に焼酎1瓶を開けたと話していたことから、世間では『アルコール依存症ではないのか?』と疑う声が多くありました。

 

確かに、肝臓を休めるために入院をしていたにも関わらず、退院した当日に記憶を無くすまでお酒を飲み、しかもその量は焼酎1瓶を開けた言いますから、誰もがアルコール依存症だと疑ってもおかしくはないですよね。

 

しかし、謝罪会見の中では、アルコール依存症であることは否定。

 

ただ会見の終盤の頃に記者から『今後、お酒はどうされますか?』と尋ねられると、『今は飲まないと決めています』と答えていました。

 

この回答の『今は』という意思の弱いとも思わる発言から、アルコール依存症の疑いがあるとも言われています。

 

事実確認ができていないので、山口達也さんがアルコール依存症だと断定することはできませんが。

 

さて、謝罪会見の後に、山口達也さんが再入院したと報じられていましたが、なぜ入院することになったのでしょうか?

 

報道によると、今回の入院理由については精神的な要因が占める割合が大きいと言われており、またアルコールに手を出さない環境作りのためだと言っています。

 

今回の事件で、山口達也さんは精神的にとても不安定で、自宅などで1人にはしておけない状態とも言われているので、精神的に大きなダメージを抱えていると思われます。

 

心身ともに安定するまでにはかなりの時間が要すると思うので、当面は病院で過ごすことになるのではないでしょうか。

 

なので、退院の時期はいつかと答えるのは難しいですが、早くても8月の夏ごろになるのではないかと予想してみました。

 

 

山口達也の入院先の場所は?

 

山口達也さんの入院先の場所を調査してみたいと思います。

 

やはり考えられるのは、関東圏内の病院ではないかと予想されます。

 

また、ネットで色々と調査してみると、山口達也さんが神奈川県にある病院に通っているという情報がいくつかありました。

 

その病院の場所というのが、横須賀市にある『久里浜医療センター』という病院です。

 

 

久里浜医療センターについて調べてみると、政策医療分野における精神疾患の基幹医療施設になっており、1963年7月に国立の医療機関として初のアルコール症専門病棟を設置したことでも有名な場所になっているんだそうです。

 

以前に、こちらの病院での目撃情報があることから、ネット上では山口達也さんがここに入院しているのではないかと噂されています。

 

もしも山口達也さんがアルコール依存症だった場合、以前に目撃情報があることから入院先の場所は久里浜医療センターの可能性が高いのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

今回は、『山口達也の入院先の場所は?理由はアルコール依存症で退院はいつ?』と題して、山口達也さんが再入院することになった理由はアルコール依存症だったからなのか、そして退院の時期はいつなのか、さらに入院先の場所まで調査したのをまとめて紹介させて頂きました。

 

山口達也さんの入院先の場所が横須賀市にある『久里浜医療センター』であった場合、アルコール依存症の疑いがさらに強まると思わます。

 

また、山口達也さんの精神面の方も心配されますので、まずは一刻も早く元気になって欲しいと思います。

 

それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。

 

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

 

Rui。